渡米前・サマースクールの最近のブログ記事

Class of 2012のMKです。7月中旬に渡米してから早3ヶ月が過ぎようとしています。この間生活のセットアップも終わらぬままサマースクールに突入し、KWEST(Kellogg World-Wide Experience and Service Trip)、プリターム(CIM)とイベント目白押しでしたが、今回は本格的に授業が始まった今だからこそ言える、KelloggのサマープログラムACE Program (American Culture and English for International Business Students)について、触れたいと思います。

私は帰国子女ではありませんが、小学生の頃1年間米国にて、また仕事で計1年半欧州にて生活する経験に恵まれた為、英語そのものに苦手意識はありませんでした。そこで、単に英語を行うサマープログラムは正直退屈かもしれないなぁとも思っていたのですが、結果的には参加してとても有意義でした。

ACEの概要や英語の授業の内容についてはTIさんのレポート(ACEその1)を参照戴きたいと思いますが、個人的には以下の内容が興味深かったです。

はじめまして。Class of 2012 のTIです。今回はKelloggのサマープログラムACEに関してお伝えしたいと思います。

●ACEの概要

正式名称:American Culture and English for International Business Student

期間:7月末から4週間

目的:アメリカ経験の少ないKellogg生に対する英語力強化、アメリカ文化学習

参加人数:2010年は合計24人が参加。内訳は日本×5、韓国×3、中国×2、タイ×3、台湾×1、ブラジル×6、メキシコ×1、イスラエル×1、カメルーン×1、マレーシア×1

私は理系(受験で英語は一番の苦手科目)、海外経験なし、仕事でも英語使用経験なしですが、そんな私の視点からACEに参加する意義をまとめてみました。

TAさんのACE 2008(その1)に続き、ACE 2008の様子をKWよりお送りいたします。と言いつつも実はこの記事を書いている今日は既に4週間のプログラムがあっという間に終了しており、KWEST(Kellogg Worldwide Experiences and Service Trips※)と呼ばれる、既に一週間の学期前旅行から帰着しております。

その2にしてもう振り返りに入ってしまいますが、ここでは私がACEの4週間のプログラムを通じて得た重要な学びをお伝えしたいと思います。個人的にたくさんの「目から鱗が落ちる」ような学びがありましたが、最も重要だと感じたのは次の2点です。

  1. アメリカ流ネットワーキング
  2. 自信と度胸

上記をはじめとする重要な学びがあり、新しい環境で、世界中から集まったクラスメートと楽しい時間を過ごせた1ヶ月は過去の人生で最も充実した1ヶ月間であると言っても過言ではないと思います。まだ学期が始まる前ですが、ACEで得たいろいろな学びや過ごした環境はKelloggの環境の縮図なような気がします。(Academic Workloadは実際の学期とは比べ物にならないと思いますが、、、、)

8e4d74bb2be33bce2c5f-1024.jpg※同学年の学生約20人を1グループとし、グループごとに世界各地に飛び、その土地の歴史・文化・自然に触れながら、ボランティア活動を行い、学生同士の交流を深める為の学期前旅行。

今回は、7/27から始まった、ACE 2008の概要をお届けします。

■ACE 2008の概要

プログラム名称:American Culture and English for International Business Students

期間:2008/7/28(月)-8/22(金) 計4週間 * 昨年は3週間でタイトだったスケジュールを、受講生のフィードバックコメントをもとにプログラムを見直し、4週間に延びたそうです

ACE 2008 参加人数:23人(うち、女性6人) ** 内訳;日本人 5人、タイ人 6人、韓国人 5人、中国人 2人、南米系 3人、ヨーロッパ系 2人

参加条件:(原則)アメリカ生活が1年未満の2Yプログラムに参加する留学生

位置付け:KWEST, CIMを前に、英語でのコミュニケーションスキル強化とカルチャーを学ぶ

Class of 2010NNです。いよいよ夏も真っ盛り。秋からの新学期に向けて、同級生一同思い思いの夏を過ごしています。私はと言うと7月からUCバークレーにて、サマースクールに通学中です。今回の投稿では、現在通学中のUC Berkeley Summer Sessionの紹介とともに、入学直前のKellogg生の過ごし方の一例を紹介できればと思います。

Summer School @UCLA

| | コメント(0) | トラックバック(0)

はじめまして!Class of 2010のKKです。昨年、学校調査の一環で参考にしていたMBAライフのブログを執筆する時が私にも来ました。時が経つのは早いもので、GMATやEssayで慌しい時間を過ごしていたのがたった一年前とは信じられません。

さて、今私はUCLAのサマースクールに来ております。実際にKelloggの生活は8月下旬のKWEST(Kellogg Worldwide Experiences and Services Trip:Kelloggの同級生と共に1週間世界各地に散らばり、各地の文化・自然に触れつつ地域貢献活動を行い、Kelloggのコア文化であるチームワークを経験するもの)、9月上旬のCIM(Complete Immersion in Management:オリエンテーション)を皮切りにスタートしますが、Kelloggの生活が始まる前なので、今回はUCLAサマースクールの雰囲気について紹介できればと思います。

はじめまして、Class of 2010(2008年秋入学)のYKです。受験中は自分も色々と参考にしていた当ブログですが、こうして執筆できるというのもなかなか感慨深いものですね。まだ、授業開始前ではありますが、これからClass of 2010のメンバーも順次、ブログに投稿させてもらう予定なのでどうぞよろしくお願いします。

                                CIMG0179.JPG

Class of 2010も徐々に親睦を深めていますが、バックグラウンドも色々(商社・金融・コンサル・IT・メーカー・不動産・官庁・弁護士等々)、キャラも色々で、かなーり熱い感じです!! これからこんな濃いメンバーと2年間過ごせると思うと、やっぱりKelloggにこれてよかったなーと思います。個性豊かなメンバーによる、様々な角度からのKellogg生活の紹介ができると思いますので、これからも当ブログにご期待ください。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち渡米前・サマースクールカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは就職活動です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。