アカデミックの最近のブログ記事

My favorite classes at Kellogg

| | コメント(0) | トラックバック(0)

I'd like to share with you three of my favorite classes at Kellogg.

1. Leader as Coach
This is a class that has fundamentally changed how I think.

Let me start from how I ended up taking the class. As you may know, we have a ton of long breaks during our time at Kellogg. Many of us without family obligations spend these breaks traveling to various locations with fellow MBA students. I personally traveled to Ecuador, Seattle, San Francisco, Brazil, Peru, Patagonia (Chile and Argentina), and South Africa.

One of the trips that has had the greatest impact on how I think was the trip to Patagonia. I travelled with a group of ten friends to this remote location at the southern most tip of the American continent.  

One of the things that we talked about on the trip was about our favorite classes. Chris and Karen said that their favorite class was Leader as Coach. They said that the idea behind the class is that one way to exhibit leadership is by acting as a coach. A professional coach according is different from a mentor in that a coach does not provide solutions to a problem but rather asks powerful questions so that the coachee can reach a solution on his or her own. Chris and Karen went ahead and demonstrated the method by coaching Mary about the leadership challenges she faced in her New Venture Discovery team and her student organization. Chris and Karen both had their own coaching style. Chris spent more time encouraging Mary to continue elaborating and asked soft questions that slowly, but pleasantly, lead Mary to a solution. Karen on the other hand asked insightful questions that quickly lead Mary to a solution. I was amazed to see how delighted Mary was coming out of these conversations, and decided to try coaching Adam, another member of the group. It failed miserably. I was unable to actively listen and ask the right questions. So I decided to take the class the following quarter.

The class turned out to be one of my favorite classes at Kellogg. Until then, I was a believer in classes that taught hard skills like finance, accounting, and marketing through a team environment. I had been trying to prepare myself to become the best solution giver and team player through technical classes with a heavy teamwork component. Leader as Coach opened my eyes to a totally different approach.

Through the class I coached one undergraduate student majoring in theatre, a PhD student in psychology, and two fellow MBA students. Each class the professor would teach us coaching skills and we would apply these skills outside of class with our coachees. Through the coaching sessions, one of my coachees realized that she was experiencing conflicts in her team because they had not explicitly discussed and established team norms. Another coachee realized that she was frequently causing conflict by setting overly optimistic expectations for her team. I realized that I could have an impact on people without acting as a provider of solutions.

Now when I have the opportunity to help someone, I ask the person or myself "Should I give recommendations, or act more like a coach?"

2. Federal Policy
Another one of my favorite classes is Federal Policy. It is a case based class where we prepare for each class by reading and analyzing a case about a public policy decision faced by a country. For example the decision faced by South Africa to deal with inequality or the decision faced by Pakistan regarding Polio eradication. During class, we have a group discussion (with the professor as the facilitator) about what the country should do. I love case based classes because I love coming up with solutions to challenging problems, and it is especially fun in a group setting. The class also has two group debates regarding a public policy.
What is special about this class is that it covers public policy. It was refreshing to leave the context of optimizing for profitability and to talk about decision making with various other criteria. The class also also covered cases from around the world rather than focusing on the US. Also the professor (Professor Besanko) is very articulate, logical, organized, committed, caring, and passionate. He is the writer of half of the cases that was covered.

3. Global Entrepreneurial Finance

My third favorite class is Global Entrepreneurial Finance. The title is misleading because the class has little to do with entrepreneurship. The class is a case based class about global financial decisions. It is one of Kellogg's most competitive class with the heaviest workload, but provides a lot of learning. It is the class that people take after taking the core finance classes, core accounting classes, Financial Reporting and Analysis, Financial Decisions, and International Finance. Each class covers a case in a different country regarding a financial decision faced by a company. Almost all cases involve a global buyer investing in a foreign firm, written from the perspective of either the seller or buyer.


Although I am not going into investment banking or private equity, I want to deeply understand corporate finance. The professor encourages intense debate within the class so that the class can 'kill' the case. He is also extremely caring and dedicated and individually emails students after class to make sure that each student understands the content.


Classes at Kellogg

 

There are a wide range of classes at Kellogg to chose from, but we can’t take all the interesting classes. Do I want to take a class that I enjoy or one that will likely help me in the future? Do I want to pick a class that will help me in my short-term career or one that focuses more on the big picture? My preferences have evolved over my time at Kellogg as my life after Kellogg plans evolved as as I learned more about myself. I’m glad that Kellogg provided a wide enough range of classes to suit my evolving needs, and I am extremely happy that I was able to take the three classes that I talked about here.


Class of 2016のJAです。
早いもので今週のFinal ExamでFall Quarterも終わり、私たち二年生はKelloggでの生活も残りあと半年あまりとなりました。そんな中で強く感じているのが、まだまだ取りたい授業がたくさんある!ということです。私は元々Marketingに関心があってMBAを志向したのですが、実際授業を受けてみるとそれ以外の科目も面白い授業が多く、結果的にはこれまでのところMarketing、Finance、Strategyなどの授業をバランス良く受講して、とても二年間では自分の取りたい授業を全て取り切れないと感じています(そんなわけで、あと残り2 Quarterでどの授業をとって、どれを見切るかということに頭を悩ませています)。


一方で、期待していたMarketingの授業はどうかというと、こちらも評判通り素晴らしい授業ばかりで、教授陣はビジネスの経験も豊富ですし、CPGの企業が多く所在している中西部という立地から多くのゲストスピーカーが頻繁にいらっしゃるなど、ただの理論ではなく実際の事例に基づいた生きたMarketingが学ぶことができていると感じています。つい先日もケースの講義の最中に、ケースが書かれた当時その商品の担当マネージャーだった方が飛び入りで参加してくださり、実際の当事者から何故その戦略をとったのかということから、社内でどのような論議があったのかといった点まで説明してもらい、非常に深い内容を学ぶことができました。また、Marketingだけで30以上の授業提供されており、幅広い関心に対応することができることも魅力の一つだと思います。

 

ということで、前置きが長くなりましたが今回はKelloggの数あるMarketingの授業の中で、私が昨年度の春学期に受講したConsumer Insight Competitionという授業についてご紹介します。
この授業はスポンサー企業から与えられた課題に対して、授業で学ぶマーケット調査の手法を用いて実際に消費者へ調査を行った上で、最終的に5人一組のチームで提案を行うという、一般の授業とケースコンペティションをミックスしたような授業です。昨年度は大手のビールメーカーがスポンサーとなり、米国の若者(ミレニアル世代)のビール離れが進んでいる中で、同社のビールブランドをどのようにその世代に対してマーケティングすべきかというお題に取り組みました。特に、ミレニアル世代は友達同士などの社交の場の目的や持ち方がこれまでの世代と比べて変わってきており、それが社交の場でよく飲まれるビールを敬遠することに繋がっているのではないかという問題意識の下、ミレニアル世代の社交の場およびアルコールに対するニーズを深掘りしていきました。
この授業のもう一つの特徴は、Ethnographyという人間のありのままの行動を観察することによって、アンケート調査等ではわからない消費者の隠れたニーズを探る、近年多くの企業に注目され始めているマーケット調査の手法を用いることです(概念自体は昔からあるようですが)。授業の中でEthnographyについて学び、それを課題に対するマーケット調査のために実際に用いることで、この手法についての理解を深めていきました。
実際の授業の構成は大きく以下のように分かれています。

 

講義:主にレクチャーやディスカッションを通じて、競争優位につながるConsumer Insightを発掘する方法、特にそのための手法を学習しました。教授自身AbbottやCoorsでのMarketingでの経験が豊富で、自身の経験や有名企業の実例を用いてレクチャーしてくれる他、Ethnographyの専門化やSC Johnson、Groupon等のゲストスピーカーからもEthnographyの実務や企業のベストプラクティス等を学びました。またAssignmentを通じて授業で学んだ調査手法を実際に友人や家族相手に実践することで、Ethnography等の手法を用いたマーケティング調査への理解を深めていきました。

 

マーケット調査:各グループがKelloggとは全く関係のない2人のミレミアム世代の被験者をアサインされ、(1) 被験者の自宅でのインタビュー、(2) 被験者とその友達との社交の場への同席、という2つのフェーズを通じて、彼らの社交の場でのニーズやアルコールに対する嗜好を調査しました。
私は、アメリカ人3人とウクライナ人と一緒にグループを組み、そのうちのアメリカ人2人とともに昨年Main大学を卒業したばかりのA 君に対して調査を行いました。Ethnographyでは被験者に心を開いてもらい、ありのままの姿で答えてもらったり行動してもらうことが重要なため、インタビューではまずはある程度時間をかけてice breakをしたあと、友達と集まって行うこと、お酒の好み、具体的な消費パターンなどを掘り下げて聞いていきました。3時間にも渡るインタビューの中で、こちらの質問に対するA君の回答だけでなく、彼の行動や部屋の中等も観察することでA君の嗜好および根底にある価値観を探っていきました。また翌週には、A君および友達二人がスポーツバーで飲むところに参加し、飲み会中の会話、行動、注文した飲み物、それらをどのように飲んでいたかなどを観察しました。

 

プレゼン (1):各グループがマーケット調査の結果を授業の中でプレゼンすることで、クラス全員で16人の被験者の情報を共有しました。その後この16人の情報をもとに、各チームでミレニアル世代のアルコールに対するニーズ等を分析し、プレゼン (2)に向けた提案内容を準備しました。

 

プレゼン (2):授業の最終週にスポンサー企業のConsumer Insight部門のヘッドを含めた3名および教授に対して、各グループが提案内容についてのプレゼンを行いました。プレゼン後には審査員からのフィードバックを受け、また全グループ終了後にはスポンサー企業から提供されたビールを片手にレセプション&結果発表が行われました。

 

残念ながら、私のグループは優勝することはできませんでしたが、この授業は講義で学んだ内容を実践することで更に理解を深めるというExperiential Learningの側面と、ケースコンペティションで他のクラスメイトと競うという面が合わさっており、他の授業とはまた一味違う学びと楽しさを味わうことができました。アメリカの若者のカルチャーを知らない身としては、人一倍苦労することも多かったですし、マーケット調査やプレゼンに向けたミーティングなどにかなりの時間をとられましたが、実際に自分達でマーケット調査からマーケティング戦略の提案までの一連の流れを経験する中で、改めて消費者のニーズを探ることの大変さや面白さを感じることができました。
また、Kelloggの一つの特徴として皆で何かをやるのが好きな学生が多く、その中で皆が自主性を発揮してそれぞれの形で組織やチームに貢献していることが挙げられると思いますが、このチームのメンバーも例外でなく、5人がそれぞれを補完し合いながら一緒に一つのものを作り上げていく中で、仲間から学び、自らを成長させ、そして楽しむ、というKelloggらしさ満載の経験ができたと思っています。

Class of 2016 のMSです。前回に引き続き、今回は私個人の体験を共有できればと思います。

動機

私の場合、日本でPE業務にそれなりに関わっていたこともあり、周囲からは「なぜわざわざ参加するのか」と聞かれましたが、下記のような動機に基づいてトライしました。

  •  日本でPE投資に関わってきた者として、米国市場がどのような進化を遂げているか、肌で感じたかった。
  • MBAの授業がアカデミックに寄っている部分もあり、実務の勘を忘れないようにする&自分のスキルが通用するか試したかった。
  • サマーインターン前にアメリカ人と仕事をする機会を作っておきたかった

金融バックグランドを持つ学生の割合が比較的低いKellogg生の中では、私のような学生は稀と思いますが、それがSelectionの早い段階でオファーをもらえた要因かと思います。そういった観点で日本人であっても金融バックグラウンドおよび金融キャリア志向であれば、オファーを受けやすいのではと思います。

働き方及び10週間の業務内容

NYのPEファームでのインターンということもあり、すべてのコミュニケーションはメールと電話で行いました。具体的には週のうち火曜と金曜は完全にこのプロジェクトのために空けておき、Kelloggのグループワークの部屋を一日中一人で借り切って業務に当たる、という結構ストイックな働き方をしていました。(シカゴのPEファームにアサインされた学生は一週間に一日はオフィスで働く、という形式が多かったように思います。)

具体的な業務内容は下記の通りです。先方のファームが「こいつ本当に使えるのか」モードから「まあ任せていいか」モードに変わっていったのが分かると思います。

【1-2週目】

  • オークションの案内資料をもらいコメントを求めらる。こちらのコメントをベースに何をどれだけできるかを伺っている様子。

【3-5週目】

  • ポートフォリオ会社を活用した別の投資機会の検討を行う。SPCレベルでのFinancial モデルを作成。
  • この辺りから「こいつは日本人だからアメリカのニッチな業界を調べさせるのは酷だけど、モデルや投資の評価をさせるのはできそうだ」という評価を得始めたように感じる
  • 新規投資家へ説明するための想定している前提とリターンをまとめ、資料作成をサポート

【5-7週目】

  • 筋の良さそうな投資案件のInitial Lookを任される。Exclusiveディールとはいえ、情報が限定されているため、外部情報をできるだけ活用しながらOperating CaseとReturn modelを作成。Key DDポイントとディールストラクチャーを検討

【8-?週目】

  • 投資委員会に上記案件をかけようということになり、プレゼンを任される。パワーポイントで20枚程度のDeckを作成、マネジングディレクターおよびOperating Partnerに対して我々のビューを共有しネクストステップを議論(と言っても私のタームは終わるのでそこには関われないのだが)

Learnings

守秘義務を締結しているため詳細は記述できませんが、限られた時間の中でも、

  • Arbitrageを出す源泉としてのインダストリー及びオペレーションへの知見の高さ(=他人が知らないことを知っている、他人ができないことができる)
  • M&Aプロフェッショナルとしてのディールチームのスキルの高さ。一緒に働いた方はクロージング、DD、ファイナンシング等をマルチタスクで完璧にこなしていました。アメリカでプロフェッショナルと呼ばれる人材は総じて非常に優秀です。
  • ガバナンスを効かせた投資先選定のディスカッション(当たり前ではありますが、シニアメンバーがそれぞれ意味のある議論を凄まじいスピードで展開していきます)
  • 非常にLeanな組織体制

といった点が競争優位性として存在していることが実感できました。

このPEファーム、創業されてからまだ一年しか経過していないのですが、この半年で3件をクローズ、私の案件が無事通れば4件目と投資を活発に行うことができており、そのパフォーマンスの背景にはこういった考えが原理原則として運用されているのだと思います。

個人的にも今後自分がプロフェッショナルとして生き残る為に、どう差別化すべきかを考えるよい機会となりました。

 

最後に

Private Equity LabはPE投資が誕生した国でPE投資の現場を経験できる、非常にチャレンジングかつ(ボラティリティはあれ)大きな学びが得られるプロジェクトです。学生としてリスクがほぼない状況でこのような機会を享受できるというのは、MBAでなければ絶対にないと思いますし、Kelloggの中でもキャリアと強くリンクするユニークなものだと思います。

金融業界、M&A等にバックグラウンドおよび興味のある方々にとっては非常によい機会ではないかと思います。

Class of 2016のMSです。

これから二回に分けて、Private Equity Labについてご紹介したいと思います。

まずはPrivate Equity Labの概要から。

担当教授はDavid Strowell教授で、アドバイザリー業務及び投資の実務経験があり、その結果として、幅広いネットワークを持っている方です。(ちなみに、Davidさん、米系投資銀行の日本オフィスでも働いたこともあり、日本語も若干話せます。)

さて、このLabはExperiential Learningの一つに分類されており、内容は至ってシンプル。1ターム丸ごと使って、一人でどこかのPEファームで働いて来なさいというものです。

そして、シンプルが故に他のExperiential learning系のクラスと大きく異なる特徴があります。

  • 学生同士のグループワークではない。全米各地のPEファーム約20?30社それぞれにアサインされるのは基本的に一人で、その期間中は一人のセミプロフェッショナルもしくはインターンとして扱われる。

  • いつどこで働くかはPEファームと生徒間で決めてよいが、一週間に20時間はそのPEファームにコミットすることが必要。 
  • 各PEファームは彼らの業務に具体的に貢献できる学生を希望している。そのときのディールパイプライン、ポートフォリオ企業の状況によるが、彼らにリソースのニーズがある分野で何かしら実務経験があることが求められる。 
  • その為、マッチングのプロセスが就職活動に近い。Resumeを提出後、各ファームが経歴をチェックして何人かに面接をオファー(この時点で声がかからない学生も多数)、その結果を経て各ファームが一人の学生にインターンをオファーする、というもの。

要は“Kelloggのネットワークを使って、PEファームで働く機会を提供するので後は好きにしなさい”というスタンスのプログラムとなっています。実際、ターム中、教授と生徒同士のコミュニケーションは3回しかなく、その目的も生徒とPEファーム間でトラブルが起きていないかを確認することが主目的となっています。

また、一口にPEファームと言っても、ほぼスタートアップに近いサイズの企業に投資するファーム、Search Fundとして特定の業界で投資機会を提供することに特化しているファーム、そして自分の資産を運用するために立ち上げたPEファーム、Funds of FundsとしてPE投資に関わっている投資顧問会社、、と非常に多様なファームで働く機会が提供されています。

よってこのLabは、幸運にもSelectionプロセスを通り抜けた生徒一人一人が、異なるタイプのPEファームで業務経験を積み、その結果得られる学びも多種多様(非常にボラタイル)、という性質のものになっています。

そのため、このLabに対する印象は学生によってかなり異なると思います。自身のポテンシャルを証明し、そのファームでのサマー・インターンシップを獲得する学生もいれば、残念ながら作業屋として扱われて自分のリソースを提供するだけに終わってしまう学生もいます(このケースはKelloggとファーム間で期待値の調整が別途行われることが多いようですが)。

それでもこのLabが学生から非常に人気が高く競争率も高いのは、PE投資プロフェッショナルというキャリアへの興味が高く、経験者の語るチャレンジングな内容が学生の意欲を駆り立てるからでしょう。

 

私の場合は、マッチングの第一ラウンドで4社からインタビューのオファーがあり、結果としてNYのPEファームからリモートワークでのオファーをもらうことができました。その内容は別途、投稿します。

早いもので、Kelloggに入学してから間もなく一年が経とうとしています。先日ご卒業されたClass of 2015の皆さんをお見送りしながら思うことは、エバンストンでの2年間をどのように過ごすかは本当に人それぞれであり、裁量が大きいだけに目的意識と計画が大切になってくるということです。同期入学の友人たちも、学業、資格取得、課外活動、ご家族との時間、旅行にお酒…と、積極的に思い思いのエバンストン生活をデザインしていて、いつも刺激を受けています。この地に居て 黙っていても成長するのは、お腹周りのお肉だけなのかもしれません。うーん、そういえばスーツがきつくなってきた気が…運動も計画的にしないといけませんね。。

さて、私の体重にはいったん目をつぶり、本日は課外活動として携わっている高校のメンタリングプログラムについてご紹介いたします。

 

プログラムについて

私は昨年、3人の学生とともに同プログラムの立ち上げに関わりました。活動内容は、メンターである約10名のKellogg生が定期的に地元高校を訪問し、有志で参加されている生徒の皆さんにビジネスについて学ぶプログラムを提供するというものです。年間12回程度開催したセッションは、ワークショップ形式の講義が約半分、残りの半分は企業訪問、地元企業へのビジネスプラン提案、ケースコンペティションなどとなっています。

ワークショップでは、毎回異なるテーマで、Kelloggのコア授業で学んだコンセプトを高校生が楽しめるような形にして提供します。交渉の講義では、交渉の原則を学んだ上で不動産売買のロールプレイをしたり、チームワークの講義では レゴブロックの早組みなど、高校生が自ら参加する形で学べるように工夫しています。参加型プログラムの最たるものがケースコンペティションです。3?5人のチームに分かれ、地元のトレーニングジムに対するマーケティング戦略を提案するものでした。実際にジムの経営者の方の前でプレゼンテーションを行い、審査員の評価を競ってもらいました。

 

ケースコンペティション前夜

さて、そのケースコンペティションの準備が順調に進み、いよいよ社長さんへのプレゼン前夜、生徒の一人から電話がかかってきました。電話に出るなり「困ったよ?」と言っています。彼曰く、「プレゼンのたたき台を作って皆で相談しようとしていたんだけど、いっしょのチームの皆が連絡取れないんだよね。方針が決まらないと先に進めない。時間がないし、もう無理かも。一応自分の担当分だけ作って、明日の直前ミーティングで相談しようかな、どうするのがいいかな?」

一緒に手伝ってみようか、あるいは細かい指示を出そうかとも考えましたが、悩んだ挙句、とりあえず応援だけしてみることにしました。「明日、社長の前でチームとして良いプレゼンをしなければならないわけだよね。今は大変な状況だけど、自分の担当範囲はいったん忘れて、自分がリーダーだと思って、明日チームとして成果を出すために何をできるか考え、それをやってみたら。君ならできるぞ?!がんば!(←適当)」

「わかった、やってみる」と言った彼が出した答えは、プレゼンの全体像を自分で作り、翌日他のメンバーの意見を聞きながら微調整し、最終的には発表の担当を割り振るというものでした。眠そうな顔で翌日の直前ミーティングに来た彼は、パワーポイントスライドをほぼ完成させ、テレビCMまで自作していました。彼らのチームは優勝こそ出来ませんでしたが、2位に食い込み、社長さんの評価も上々でした。評価もさることながら、困難な状況において、チームとしての責任を全うするためにやるべきことを自分で考え、早朝まで作業して成果を出したという事実は、彼自身の自信となったことでしょう。

 

自信と自主性、そしてKellogg

プログラムを設計するにあたって意識していることは、教えてあげる、という上から目線ではなく、生徒が他者と協力して何らかの成果を出すという経験を得られる環境づくりです。魅力的な環境があれば、生徒たちは成果を出してみようとするし、成果が出れば生徒たちは徐々に自信をつけます。自信がつけば、新たな興味が湧いてきて、自ら進んで学ぶようになり、自ら成果を求めていくようになるのではないでしょうか。経験に裏付けされた自信、そして自主性。こうしたものは、何かを「教えてあげる」だけではなかなか身につくものではないと思います。

これは何も高校生に限ったことではなく、ビジネスの現場で働くいい歳した大人にとっても重要なのかもしれません。そういう意味で、まさにKelloggというビジネススクールは、チームで成果を出すという経験が生み出される環境として良くデザインされていると思います。毎年多様なバックグラウンドの学生がエバンストンに集うと、入学前に共に旅行し、CIM Weekで協力してあれやこれやに取り組んで、秋学期が始まればケースディスカッション、課外活動のリーダーシップ、そしてめくるめくグループワークの数々が待っている… Kelloggで得られるものとして、Collaborateする機会、というのは良く言われることですが、Collaborateする経験を重ねることから生まれる自信と自主性も、大切な収穫になるように思います。

私は来年一年間、代表として同プログラムをリードします。私の下手くそな英語にもめげずに一緒に運営してくれている友人達、ご協力頂いている高校の先生方に感謝しつつ、同プログラムをさらに進化させ、来年一年間運営し切ることを、Kellogg生活中に成し遂げたい目標の第2番目としたいと思います。目標の第1番目は、ダイエットですね…

秋学期のある数日

|

Class of 2016のTSです。キャンパスビジットに来られる方からよく聞かれる質問の1つに、「いつもどのような一日を過ごしているのですか?」というものがあります。私も実際の学校生活が始まるまではあまり想像がつきませんでした。以前、別の在校生が「とある1週間の生活」という記事を書きましたが、今回も同様に日常の生活をつづろうと思います。

MBAの入学直後の秋学期は、MBAがまさに始まったばかりで、勉強だけでなく就職活動やクラブ活動などもあるため、いろいろな点で忙しい毎日を送ることになります。私の秋学期の1週間の時間割は以下のとおりでした。全てコア科目(必修)で、1週間4科目/8コマ(1コマは休憩なしの90分)となっています。

 

 

Monday

Tuesday

Wednesday

Thursday

Friday

8:30-10:00

 

FINC

 

 

FINC

10:30-12:00

ACCT

DECS

 

ACCT

DECS

(Lunch break)

(Lunch break)

13:30-15:00

 

MGMT

 

 

MGMT

15:30-17:00

 

 

 

 

 

·       ACCT (=Accounting for Decision Making):会計の基本的な知識を学ぶ。講義形式。

·       FINC (=Finance I):ファイナンスの基本的な知識を学ぶ。講義形式。

·       DECS (=Business Analytics II):統計、データ分析の基本的な知識を学ぶ。Stataというソフトウェアを用いてデータの分析を行う。実際に各自でStataをいじりつつ、講義形式。

·       MGMT (=Business Strategy):ケースを題材に各企業の戦略について分析・議論する。ケースメソッド形式(授業は生徒がケースを読んでくることを前提に進められる)。

全科目に共通するのは、ほぼ毎週なんらかの課題が課されるということと、1学期中に必ずグループ課題が最低2,3個課されるということです。なお、科目ごとにグループの構成メンバーは全て異なるので、必然的にいろいろなクラスメートとInteractionがあります。

 

―――

【月曜日】

09:00 ACCTの授業が10:30からだからゆっくり起床。ACCTは講義形式だから少し気が楽だ。

10:30-12:00 【ACCT授業】今日はT勘定を使った仕訳の続き。仕事で会計を扱ったことはないが、数年前に簿記2級の勉強をしておいたのが少し役に立っている。ただ、やはり大分忘れているので、どうしても分からないところは会計士の同期に教えてもらおう。

12:15-13:15 今日はカンパニーイベントがある。コンサル、メーカー、テックと毎日いろんな会社が来ている。秋学期は、就職関係のイベントに加えて、クラブ関係の説明会もあるので、ランチの時間には毎日イベントが開催されている。

14:00-15:30 DECSのグループ課題のミーティング。明日の朝が締切りだから今夜中に終わらせないと。この科目のグループは、アメリカ人3人(白人男性、アジア系男性、アジア系女性)、スペイン人女性1人、日本人1人(自分)という構成。与えられたデータから看護師数と患者の死亡率との相関関係を分析するという課題だが、今回の範囲はいまいちよく理解できておらず、今日のミーティングはあまり貢献できなかったので反省。

15:30-18:00 Jacobsセンターで自習。木曜締切りのFINCの課題のために、明日の午後にグループミーティングが入ってしまった。Outlookのミーティングリクエストが突然送られる形でグループミーティングが設定されるのが通常なので、うっかりしているとすぐにカレンダーが埋まってしまう。グループミーティングで貢献できるように事前にしっかり検討しておこう。あと、MGMTのケースもまだ手を付けていなかった。ケースは今回も30pくらいあるので大分時間がかかりそうだ。

19:00-21:00 帰宅後、家族との時間を過ごす。

21:00-25:00 DECSのグループ課題をメールのやり取りで完成させた。最終的にはいつものとおりアジア系アメリカ人女性のCが提出してくれる。彼女は、いつもOutlookを使って会議室の予約とともにミーティングを設定してくれたり、とてもマメで助かる。そういえば、MGMTのケースがまだ半分も読み終わっていなかったから読まなければ。

25:00 最後の方は眠くてケースの内容が頭に入らなかった。文字通り読むだけ読んで就寝。

 

【火曜日】

07:00 起床。FINCの授業が08:30からあるが、1限の授業はやはり朝がつらい。

08:30-10:00 【FINC授業】今日は資本コストやCAPMの話。ファイナンスのバックグラウンドがない自分にとっては新たな学びが多い。ただ、自分にとっては授業のペースが早く、かつ課題もいつも難しいので、なかなか大変。ファイナンス出身の同期にいつも教えてもらって助かっている。Kelloggの同期はバックグラウンドが多様なので面白い。

10:30-12:00 【DECS授業】regressionのdummy variableについて学んだ。統計のバックグラウンドも全くないので、気を抜くとすぐに分からなくなる。DECSのregressionはマーケティング系の授業でデータの分析で実際に駆使するらしいので、ちゃんと学ばなければ。

12:15-13:15 たまたまお互いにランチのイベントがなかったので、台湾人のクラスメートとランチ。昨夜あまり読み込めなかったMGMTのケースの内容について議論した(というか内容を教えてもらった)。

13:30-15:00 【MGMT授業】ケースメソッドでコールドコール(予告なく名前を呼ばれて質問されること)があるので緊張感がある。コールドコールではケースの細かい事実関係を聞かれるので、やはりケースを流し読みしただけだと実際に当てられてもうまく答えられず、結構焦る。

16:00-17:30 FINCの課題のグループミーティング。FINCのグループは、アメリカ人3人と日本人1人(自分)。アジア系アメリカ人女性のCは、前職がコンサルらしくエクセルにものすごく慣れており、FINCの課題ではいつも大活躍している。残りのアメリカ人男性2人は、やる気はあるものの、ファイナンスのバックグラウンドがないらしく、ミーティングでは言葉少な目(というか自力で課題を解けていない印象)。結局、今回のミーティング1回では終わらなかったので、また明日の午後にミーティングをすることになってしまった。

19:00-22:00 ダウンタウンシカゴでコンサルファームの説明会があるので、日本人同士でUBER(タクシーのようなもの)を乗り合って説明会に参加。ダウンタウンシカゴまでは車で40分くらいなのでそこそこ近い。

22:30-24:00 まだ終わっていないFINCの課題を再検討。エクセルに慣れていない自分にはなかなか大変で、毎回時間が結構かかってしまう。明日は水曜日でオフだから気分が楽だ。

 

【水曜日】

水曜は1日授業がないオフの日。ただ、グループミーティングや課題の検討に時間を取られてしまうこともある。締切りが近づいている課題と明日と明後日の予習を計画的に進めつつ、友達と遊ぼう。

―――

 

といった感じで毎日が続いていきます。ちょっと勉強にフォーカスした内容になっていますが、もちろん、例えばクラブ活動やクラスメートとの飲み会など、紙幅の関係で書ききれない楽しいイベントも頻繁にあります。この記事を読んで、Kelloggでの生活について少しでも具体的なイメージを持ってもらえば嬉しいです。

Family Businessについて

| | コメント(0) | トラックバック(0)

皆様、初めまして。Class of 2015Y.K.です。春学期も中盤に差し掛かり、エバンストンもようやく春らしい陽気になってきました。先週はこちらでDay at Kelloggがあり、多くの日本人合格者の方に直接お会いすることができ、大変嬉しく感じています。

 

さて、現在までに様々な観点からケロッグについてブログを更新していますが、今回はファミリービジネスという視点から、私の活動や体験を含めて執筆したいと思います。ファミリービジネスには様々な定義の仕方がありますが、ここでは広義に創業家が中心となって経営されている企業(いわゆるオーナー企業)と解釈下さい。私自身、ファミリービジネスのバックグランドがあり、MBAの進学先を決めるにあたって、ケロッグがファミリービジネスに関して有する授業、研究機関、アクティビティー及びネットワークは、非常に大きな要因となりました。以下、ファミリービジネスに関心のある方々に、少しでも参考になれば幸いです。

 

<アカデミック>

まず、第一に挙げられるのは、ファミリービジネスに関するアカデミックな機会が豊富にあるということです。他のMBAプログラムと比べてみても、ファミリービジネスに特化した授業や研究機関がここまで充実しているところはほとんどありません。例えば、冬学期に受講したJohn Ward教授の「Family Enterprises: Issues and Solutions」では、事業承継といったファミリービジネスに特有の課題につきどのように取り組むべきか、数多くの事例を交えて体系的に学ぶことができました。また、Center for Family Enterprisesというファミリービジネスの研究機関を通じて、様々なコンフェレンスや研究レポートにアクセスすることが可能です。

 

<クラブ活動(Family Enterprise ClubFEC)>

次に、クラブ活動に関して紹介します。上述の通り、ケロッグはファミリービジネスについてアカデミックな機会が充実しているため、ファミリービジネスのバックグランドを持つ学生が多く在学しています。既にファミリービジネスで働いている学生、卒業後に働く予定の学生、又は全く異なるキャリアを考えている学生等、異なるステータスの学生100名近くがFECに在籍しており、様々なアクティビティーを通して、互いに学び、親交を深めています。私は当該クラブのVice President – Socialを担当しています。今学期は、ケロッグの名物授業の一つであるNegotiationの担当教授に依頼して、ファミリービジネスに焦点をあてた交渉術のワークショップを開催する予定です。また、学期末にはクラブに所属するアメリカ人が営む食品製造業のファミリービジネスに協力いただき、企業訪問/工場見学を企画しています。

 

Kellogg Family Business OrganizationKFBO

授業とクラブ活動とは別に、KFBOという学生主導の勉強会があります。月に一回のペースでファミリービジネスのバックグランドを持つ学生40名近くが集まり、毎回1・2名の学生が自らのファミリービジネスについてプレゼンテーションを行い、それぞれが抱える課題や問題点について話し合います。ファミリーが抱える家庭事情等、かなりプライベートな部分まで踏み込んで議論が進むため、非常に密度の濃い勉強会になっています。

 

以上、少々硬い感じで紹介を進めてきましたが、なんと言っても、ファミリービジネスという特殊なバックグランドを有する世界中の同世代の仲間と、一生モノのネットーワークを築けるということが、最大の利点ではないでしょうか。ファミリービジネスに少しでも関連がある方、又は関心がある方がいらっしゃれば、ぜひケロッグをご検討いただければと思います。

Class of 2015YTです。今回は、私が学生リーダーの一人としてかなり運営に深く関与したGIMと、セクション代表(国際担当)として参加しているKSA(学生会)における活動について書いてみたいと思います。

1. GIM

GIMとは、Global Initiative in Managementの略で、世界の各地域を対象に複数クラスが開講され、各地域のビジネス慣行、文化的背景、政治的課題等も含めてHolisticに“How to do business in the region?” に対する理解を深めるためのカリキュラムです。毎年冬学期に開講され、ゲストスピーカー等とのディスカッションに加え、数名で構成される学生チームごとに具体的な研究テーマを設定し、それぞれ文献調査等を進め、春休みを利用した現地調査によりそれを更に昇華させ、現地調査終了後にレポートをまとめて完結します。今年は、もはや定番となった日本/韓国に加え、東南アジア、中国/モンゴル、インド/チベット、ブラジル/メキシコ、東アフリカ、の6つの地域を対象にしたGIMが開講されました。

私の場合は、もともと国際ビジネスに関心があり、GIMを履修することは入学前から決めていました。問題はどの地域を選ぶか、ということですが、私の場合は?これまであまり関わりがなく、?かつ将来的には関与を深めていきたい地域ということで、東アフリカを選択しました。また、どうせ授業を取るのであればより深くコミットしたいと思い、学生リーダーのポジションに応募し、現地調査担当のリーダーに就任しました。

●リーダーとして

正直言って、リーダーとしての活動における学びと苦労は想像以上のものがありました。学生リーダーの選考は秋学期の真っ只中の10月頃に行われ、教授とともに旅程表の検討や訪問先企業の選定などの作業が進められます。また、11月にはGIM Fairという学生向けの説明会があり、その準備なども大変でした。もちろんGIMは授業ですので、大学側が事前にどの地域向けに開講するかを決めるわけですが、参加者が少なければ中止になることもあります。私のチームは、東アフリカという地域を対象にしており、学生に興味を持ってもらえるのか相当な危機感を持って準備をしました。結果的には、上限に近いところまで学生が参加してくれましたが、授業を開講するかどうかまで学生がOwnershipを持って真剣に対応するというのはケロッグならではだと思います。

開講が決まってからも、実際にアフリカの企業とのコンタクトを図るのはそれほど簡単ではなく、メールへのレスポンス等も必ずしも素早くないという状況の中で、教授や他のリーダーと連絡を密に取りつつ、自身の持つネットワークも最大限活用し、スケジュールを組んでいく作業は意外と大変でした。仕事の進め方についても、日本人以外の学生のやり方を学ぶ機会としても有用だったと思っています。

また、実際の訪問に際しては、自分が窓口となって調整してきた以上、教授も含めた全ての参加者を自分が仕切らなくてはなりません。ただ、ミーティングが終わった後に仲間から感謝の言葉をかけられるとやはり嬉しいもので、深くコミットして良かったなあと感激もひとしおでした。

●学生チームの一員として

リーダーとしての仕事以外に、本来の授業の目的もきっちりこなさないといけません。我々のグループは東アフリカにおける発電ビジネスについて研究しました。事前の想定どおり、アフリカでは電力化率は相当低く、これが経済発展や福祉の向上等の妨げになっていることが文献調査で明らかになりましたが、我々は、そうした文献レベルでは必ずしも明らかにならない地域ならではの課題やビジネスの実態を調査することを目的としました。

事前にグループメイトと手分けして現地の電力会社や関係者にアポを取り、現地を訪問して詳細なインタビューを行ったほか、各国の発電所にも足を運び、先進国のプラント等との比較も行うことができました。また、東アフリカならではなのか、現地の方々は我々の訪問を非常に歓迎してくれ、想定していなかった現場レベルのマネージャーや、たまたま現地に出張に来ていたPEファームのマネージャーなどとのインタビューも行うことができ、非常に充実した現地訪問となりました。

元来エネルギー産業に携わっていたこともあり、この経験も将来に向けての貴重な財産になると実感しています。

 

ということで、GIMは普通に履修するだけでも非常に学びの多い授業ですし、学生リーダーになれば、同級生との濃厚な関係構築にも大変役立ちますので、旅行好きの方や、新しいことを色々試してみたい、という方には非常にお勧めの授業です。

 

2. KSA

Kellogg の特徴として特筆すべきなのは、学生主導(Student Driven)であるということでしょう。その活動の中心となるKelloggの学生会組織であるKSAKellogg Student Associationは、選挙で選ばれる2年生のリーダーシップチーム及び各セクションから選ばれる1年生のセクション代表を中心とした組織です。彼らコアメンバーに加えて、各セクションから、国際担当、キャリア担当、ソーシャル担当などがそれぞれ選ばれ、2年生の担当リーダーの指導の下にもろもろの活動がなされています。私の場合、プレターム終了後に行われる各セクションにおける各担当を選ぶ過程において、国際担当(Global Affairs)に立候補し、セクション代表として活動に参加することになりました。

具体的に何をやるかですが、いくつか私が主体的に関わったものについて簡単に説明したいと思います。

●MOSAIC

毎年4月に行われるDiversityにフォーカスした一週間続くイベントで、KSA Global Affairsとして行うイベントの中で最大のものです。私はマーケティングチームの一員として、イベントの周知活動や装飾等の活動に携わりました。Diversity Kelloggを語る上で欠かせないキーワードの一つですが、まさにそれを体現したイベントであり、運営側としてもかなり気合を入れて準備をしました。

また、この期間中には、MOSAICチームの一員としてだけでなく、Japan Clubの一員としてAsian Food Cookingなるイベントの運営にも携わりました。具体的には、日本人以外の学生にロール寿司や餃子を自ら作ってもらい食べてもらうというイベントなのですが、こちらは非常に人気があり、45枚のチケットがすぐに売切れてしまうという自体に陥りました。

この時期は忙しすぎて勉強が若干おろそかになってしまいましたが(笑)、international の学生としてKellogg に貢献する非常に良い機会であったと思います。

●Soft Landing Pack

こちらは、International の合格者の渡米を容易にするために、住居に関する情報、ビザに関する情報、サマースクールに関する情報などを簡単な冊子にまとめて送付しよう、というプロジェクトです。自分自身も住環境等が異なる米国での生活のセットアップに苦労した経験があることから、アメリカ人だけでは思いつかないような論点も提言することができ、一定の付加価値を加えることができました。KSAならではといいますか、大学側もこうしたプロジェクトには非常に協力的であり、予算などについても配慮をしてくれたため、単なる机上の空論ではなく、実現までこぎつけることができました。

 

以上色々書きましたが、やる気があって、KSA側にきちんとプロジェクトの意義を説明できれば、どんなことでも可能なのではないかと思います。KSAというケロッグの学生を代表する組織ですので、チームメイトをまず説得できれば、Dean’s OfficeStudent affairsといった大学側の協力も得られやすいですし、資金面でのサポートも普通のクラブなどよりも受けられやすい環境だと思います。特に、Global Affairsについては、Kelloggをよりよい学校にするためにinternational の学生の視点を提供することができ、日本人がより貢献しやすい分野だと思います。

 

私自身は、昔は学生会に参加しているようなタイプの人間はあまり好きではありませんでしたが笑、やってみると意外とおもしろく感じるものです。こうした自分の常識を打ち破っていくことができるのもKelloggの魅力でしょうか。

Education Labについて

| | コメント(0) | トラックバック(0)

Class of 2014のMSです。Kelloggには多くのExperimental Learningの機会がありますが、今回は私が冬学期から参加しているEducation Consulting Lab (E-lab)に関して紹介したいと思います。

E-lab とは、Kelloggの学生が冬学期と春学期、6ヶ月の間 Chicago Public School へコンサルティングを提供する体験型授業です。

*Chicago Public School (CPS)...全米で第3番目に大きい学区で、傘下学校数は681校。運営予算$5.1 billion, 職員41,000人のマンモス法人団体。

学生は冬学期前にApplication Essayを書いて選考に通れば授業に参加できる仕組みです。決まった時間の授業等はなく、最初に参加学生全員が集まるKick-off meetingと最後のPresentationのみが絶対参加で、あとはチーム毎に都合の良い時間を決めてディスカッション等を行います。週にコミットする時間はチームメンバーの場合は3−5時間ほど、チームリーダーの場合はプラス2時間ほどを想定しているそうです。指導教授はメールやチームリーダーとのコミュニケーションで進捗を確認し、随時ディスカッションにも参加してくれます。また、クオーター毎に最低一回はチーム全員で教授へ正式な進捗報告をします。

チーム人数は4〜5人で、今年は合計4チームがそれぞれのテーマに対するコンサルティングを行っています。今年のテーマの概略は以下の通り。

1. Redesign HR-based Capital Flows of CPS

2. Redesign the front-end processes associated with procuring Transportation Services

3. Develop comprehensive plan for expanding CPS's revenue through sponsorships

4. Develop the cost-effective methods of engaging and empowering families through technology

各学生はプロジェクトの優先順位とレジュメを提出し、最終的には教授がバックグラウンドとチームのバランス等を踏まえてプロジェクトにアサインします。私の場合は前職で少し似たような経験があったことから、4のtechnology 関連のプロジェクトにアサインされました。チームメートのバックグラウンドはコンサル、メディア業界、ハイテク、教員など。私のチームにはTeach for America経験者が2人もいて、E-labならではと言ったところでした。それ以外の参加者も様々な理由により教育産業に興味を持った人が多く、普段の授業やケース等ではあまり扱われない分野であるため、このチームメートを通して新しい知見を得た事はとても良かったと思います。

全体的な感想として、冬学期からこのプロジェクトに参加しましたが、CPSは良くも悪くも大きな団体ですので 動きが鈍く、リクエストした資料が中々出てこなかったりミーティングのセットアップに時間がかかったり等最初の頃はてこずりました。ただ、これらは人手が常に不足している教育機関ではよくある事ですので官僚的な団体の雰囲気を肌で感じるにはいい機会だったと思います。

また、コンサルティングの現場でもよくあることですがプロジェクトが進むにつれて当初予定していたスコープと違う範囲をクライアントが要求してきたり、スコープが広くなったり狭くなったりという事もありがちだと聞きました。我々の場合も最初の段階ではスコープが明確ではなく、クライアントと課題や成果物をしっかりとすり合わせるまで2ヶ月程かかりました。このため、前クオーターではプロジェクトにかかる時間は週に2時間ほどでしたが、今クオーターは成果物を仕上げる為に週に数時間ディスカッションをし、クライアントとアップデート会議、隔週でシカゴにあるCPSを訪ねてヒアリングを行う、等かなりの時間を要しています。ただ、時間をかければそれだけチームメートと親睦も深まり、クライアントも 非常に協力的で我々の成果物に期待を寄せてくれているのでやり甲斐を感じているところです。

まだクラスでのプレゼン及びCPSでの最終プレゼンが残っているので山場は超えていませんが、最後まで気を抜かずより良い案を提案できるように気を引き締めていきたいと思います。

MMMプログラムについて

| | コメント(0) | トラックバック(0)

MMM (=MBA + MEM) プログラム1年生のY.Kです。東北大学で理学修士を取得後、消費者消費財会社で商品開発に携わった後、私費で留学しています。今回は私の所属するMMMプログラムについて紹介したいと思います。
 
○基本情報
MMM (Master of Management and Manufacturing) プログラムとは、MBAとMEM (Master of Engineering Management) の2重学位で、KelloggとMcCormick School of Engineering (Northwestern大学の工学部) が共同で提供している2年制のプログラムです。「トリプルエム」と読みます。現在、1学年約65名の学生で構成されています。
Home page
http://www.mmm.northwestern.edu/index.html
Brochure
http://www.kellogg.northwestern.edu/Programs/FullTimeMBA/MBA_Programs/~/media/Files/FTMBA/2012/Kellogg-MMM-Program-Brochure-2012-2013.ashx
MMMの基本概念は、「Innovativeな (革新的な) 顧客価値を生み出し実行できる次世代のリーダーを育成すること」です。(個人によって考えの違いはあるでしょうが、一般的に)MBAでは経営に必要な幅広いテーマを学ぶのに対して、MEMではDesignとOperationという科目を中心に学びます。Designでは、美術としてのデザインではなく、革新的な顧客価値を個人、また組織として作り出す手法を学びます。また、Operationでは、工場の効率化ということだけではなく、ビジネスの“プロセス”をどう組めば顧客価値を最大化できるか(病院やコールセンターなどを含め)、そしてそこで作り出した強みを、どうビジネスの戦略として活用していくかを学びます。
MBAとMEMを取得することによって、「顧客価値を創造する→ビジネスモデルを作成する→実際に効率的に実行し、他社と差別化していく」という新しいビジネスを創り出すための一連の流れを学ぶことができます。


○学生のバックグラウンド、卒業後の進路
所属する学生のバックグランドは以下のようになっています。
・学位別
Engineering (工学部) 65%
Business (経済学部など) 19%
Arts and Sciences 1%
Other 11%
・その他
International 39%
Women 24%
通常のMBAより理系バックグラウンドの学生が多いです。前職についてはコンサルや食料品会社のマネージャー、元軍人など、多様性はMBA同様高いです。なお、授業内容で理系の内容を扱うわけではないので、高度な理系の知識やバックグラウンドを持つ必要はまったくありません。とはいえイノベーションやテクノロジーへの興味が強い学生が多いことは事実です。
Internationalや女性の比率も近年上がってきているようです。日本人は少なく、例年0-2人という状況です。(私見ですが、日本はトヨタを始めとして優れたオペレーションで知られており、授業でも何度か取り上げられているので、歓迎されるのではと思います。)
また卒業後の進路を通常の2Y-MBAと比較してみると、コンサルティングやHi-tech, 製造業が多く、Financial serviceやInvestment bankingが少ないという傾向があります。

○アカデミック
期間は通常のMBAと同様に2年間、6クオーター(9月から2年後の6月まで)ですが、MEMとの二重学位である都合上、コアクラスが少し多く、またIntegration projectという2年目のFallもしくはWinterクオーターに行うExperimental learningのクラスも必修となっています。具体的にはコアクラスはMBAが11に対してMMMは13 (Pre-termも含む。Turbo系をとらなかった場合)、またそれに加えDesignかOperationに関するクラスを4つとることが義務付けられています。
とはいえ、MBA側のクラスはMBAの学生と一緒に受けるため、MMMとMBAの垣根を感じたことは今までのところなく、むしろMcCormick側の授業が選べたりMMMならではのクラスがある分、選択肢が多く悩む場面が多いです。一方で、DesignやOperationのどちらにも興味がない方にはCoreが多い分不自由を感じる場面もあるかもしれません。
○課題活動
MMMの学生のための課外活動もあります。そのうちいくつかを紹介します。
・Thirsty Thursday
毎週木曜日に開かれるMMMのための飲み会です。季節によってコスチュームパーティー、トリビアパーティーをしたり、企業のリクルーターやAlumniが来ることもあります。
・MMM Ready Steady Go
CIM weekの前に2日間で行われるMMMのためのオリエンテーションです。リーダーシップワークショップ、シカゴのデザインコンサルへの訪問、シカゴボートツアー、ボーリングなど盛りだくさんの内容でした。
・Design Workshop
KWEST前の1日を使い、Designの基礎を学ぶワークショップです。3-4人のグループに別れ、ある課題をDesignの考え方を使って解決するプロセスを擬似的に学びます。
・MMM Case interview prep
1月上旬に戦略コンサルでのサマーインターンを目指す学生のために、MMM卒業のコンサルタント(McKinsey, Bain, AT Kearneyなど)が ケースインタビューの練習を手伝ってくれます。グループで練習を行うため、他の学生と比較した自分のレベルも確認することができ、残り期間でどの程度練習すべきかを知る目安にもなります。その他、MMMのためのFull time job offerもあるようですので、就職関連のOpportunityは多いのではと感じます。
それ以外にも、人数が少ないため非常にアットホームな雰囲気で、リクルーティングの忙しい時期に、授業の前にコーヒーとドーナツでみんなでお茶会をして近況を話したり、クリスマスパーティーをしたりすることもありました。
○MMMのPros, Cons
以下、私が半年間在籍して感じた、MMMのPros, Consをまとめてみました。
Pros
・MMMならではのOpportunityが多くある:先述したとおりです。
・就職活動の際に差別化になる:近年はInnovationが企業の競争優位性の重要な要素といわれており、そのプロセスを学問として学んでいるということは差別化要因になります。MMMの人数自体が少ないので、単に珍しいというのもあります。
・1年目のFall quarterにMMMの学生限定のOperationの授業が取れる。:Designing and Managing Business Processesという授業です。内容としては、”Operationが企業の競争優位性や顧客に与える価値に直接、強く関係しており、戦略上重要な点である”ことを学ぶのですが、大変深い内容で、私のOperationに対する考えが180度変わりました。現時点で私の中での最高のクラスです。また、ここで学んだ知識はコンサルのサマーインターンシップ受験時のケースインタビューにも役立ちました。
・MBAとして大人数、MMMとして少人数という2つのクラス環境を同時に体験できる:MBAで多様性の高い多くの人と関わる機会を持てると同時に、MMMで同じ興味を持つメンバーとの少人数の強いつながりを体験することができます。
・Integration projectの存在:DesignもしくはOperationの授業で学んだことを実際のビジネスに活用する機会があります。
・Ford buildingを使用できる:Ford buildingというMMMの校舎(正確にはMcCormickの校舎を間借り)を使用してミーティングや授業をするため、Jacobsに加えてもう一つ居場所を持つことができます。
Cons
・MMMの知名度が低い:MMMと聞いても知っている人が少ないため、毎回説明する必要があります。私は説明が面倒な場面では、MMMといわずMBAと言ってしまうこともありました。
・コアクラスが多く自由度が低い:Electiveを多く取りたい人にとっては自由度が低いと感じることもあるかと思います。
○最後に
以上、MMMについて私の視点でまとめました。私自身、まだ半年も在籍していませんので全て書くことはできないのですが、魅力が伝わっていれば幸いです。MBA取得を考えており、さらにInnovationやTechnologyの分野に興味がある方でしたら、是非受験されることをおすすめします!ここまでお読みいただきありがとうございました。
*MMMのコアクラスや受験プロセスは毎年変化していますので、受験時は確認をお願いします。

ウェブページ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちアカデミックカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはMBA出願です。

次のカテゴリはエバンストンライフです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。