Private Equity Labの紹介(2015年版、2/2)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

Class of 2016 のMSです。前回に引き続き、今回は私個人の体験を共有できればと思います。

動機

私の場合、日本でPE業務にそれなりに関わっていたこともあり、周囲からは「なぜわざわざ参加するのか」と聞かれましたが、下記のような動機に基づいてトライしました。

  •  日本でPE投資に関わってきた者として、米国市場がどのような進化を遂げているか、肌で感じたかった。
  • MBAの授業がアカデミックに寄っている部分もあり、実務の勘を忘れないようにする&自分のスキルが通用するか試したかった。
  • サマーインターン前にアメリカ人と仕事をする機会を作っておきたかった

金融バックグランドを持つ学生の割合が比較的低いKellogg生の中では、私のような学生は稀と思いますが、それがSelectionの早い段階でオファーをもらえた要因かと思います。そういった観点で日本人であっても金融バックグラウンドおよび金融キャリア志向であれば、オファーを受けやすいのではと思います。

働き方及び10週間の業務内容

NYのPEファームでのインターンということもあり、すべてのコミュニケーションはメールと電話で行いました。具体的には週のうち火曜と金曜は完全にこのプロジェクトのために空けておき、Kelloggのグループワークの部屋を一日中一人で借り切って業務に当たる、という結構ストイックな働き方をしていました。(シカゴのPEファームにアサインされた学生は一週間に一日はオフィスで働く、という形式が多かったように思います。)

具体的な業務内容は下記の通りです。先方のファームが「こいつ本当に使えるのか」モードから「まあ任せていいか」モードに変わっていったのが分かると思います。

【1-2週目】

  • オークションの案内資料をもらいコメントを求めらる。こちらのコメントをベースに何をどれだけできるかを伺っている様子。

【3-5週目】

  • ポートフォリオ会社を活用した別の投資機会の検討を行う。SPCレベルでのFinancial モデルを作成。
  • この辺りから「こいつは日本人だからアメリカのニッチな業界を調べさせるのは酷だけど、モデルや投資の評価をさせるのはできそうだ」という評価を得始めたように感じる
  • 新規投資家へ説明するための想定している前提とリターンをまとめ、資料作成をサポート

【5-7週目】

  • 筋の良さそうな投資案件のInitial Lookを任される。Exclusiveディールとはいえ、情報が限定されているため、外部情報をできるだけ活用しながらOperating CaseとReturn modelを作成。Key DDポイントとディールストラクチャーを検討

【8-?週目】

  • 投資委員会に上記案件をかけようということになり、プレゼンを任される。パワーポイントで20枚程度のDeckを作成、マネジングディレクターおよびOperating Partnerに対して我々のビューを共有しネクストステップを議論(と言っても私のタームは終わるのでそこには関われないのだが)

Learnings

守秘義務を締結しているため詳細は記述できませんが、限られた時間の中でも、

  • Arbitrageを出す源泉としてのインダストリー及びオペレーションへの知見の高さ(=他人が知らないことを知っている、他人ができないことができる)
  • M&Aプロフェッショナルとしてのディールチームのスキルの高さ。一緒に働いた方はクロージング、DD、ファイナンシング等をマルチタスクで完璧にこなしていました。アメリカでプロフェッショナルと呼ばれる人材は総じて非常に優秀です。
  • ガバナンスを効かせた投資先選定のディスカッション(当たり前ではありますが、シニアメンバーがそれぞれ意味のある議論を凄まじいスピードで展開していきます)
  • 非常にLeanな組織体制

といった点が競争優位性として存在していることが実感できました。

このPEファーム、創業されてからまだ一年しか経過していないのですが、この半年で3件をクローズ、私の案件が無事通れば4件目と投資を活発に行うことができており、そのパフォーマンスの背景にはこういった考えが原理原則として運用されているのだと思います。

個人的にも今後自分がプロフェッショナルとして生き残る為に、どう差別化すべきかを考えるよい機会となりました。

 

最後に

Private Equity LabはPE投資が誕生した国でPE投資の現場を経験できる、非常にチャレンジングかつ(ボラティリティはあれ)大きな学びが得られるプロジェクトです。学生としてリスクがほぼない状況でこのような機会を享受できるというのは、MBAでなければ絶対にないと思いますし、Kelloggの中でもキャリアと強くリンクするユニークなものだと思います。

金融業界、M&A等にバックグラウンドおよび興味のある方々にとっては非常によい機会ではないかと思います。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Private Equity Labの紹介(2015年版、2/2)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kelloggalumni.jp/mt/mt-tb.cgi/536

コメントする

このブログ記事について

このページは、Kellogg在校生ブログAdminが2015年7月 7日 17:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Private Equity Labの紹介(2015年版、1/2)」です。

次のブログ記事は「在校生・卒業生による学校説明会(2015年8月9日)のご案内」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。