2012年2月アーカイブ

早いもので2月も終わりにさしかかっておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
今年のエバンストンは異常な暖冬で、たまに雪が降りはするものの、あまり積もることもなく、比較的過ごしやすい毎日となっております。

受験生の方は、セカンドのインタビュー等まだまだお忙しい時期かと思いますが、季節の変わり目で、特に体調を崩しやすい時期と思いますので、お体に気をつけてがんばってくださいね!

さて、今日は少し勉強から離れて、Kellogg/Northwesternのスポーツ施設であるSPACをご紹介したいと思います。
SPACは、正式名称Henry Crown Sports Pavilionという複合スポーツ施設で、Kelloggの校舎であるJacobsから徒歩で10分程北に行ったところに位置しています。

 

R0011976_R.JPG

 

はじめに
はじめまして、KBS(Keio Business School)のF.N.と申します。僕は2011年8月下旬から12月下旬までの約4ヶ月間にわたり、学校の交換留学制度を利用してKelloggへの留学を体験しました。本ブログはKelloggに在籍するFull timeの日本人留学生により運営されているブログですが、今回特別に飛び入りでの参加機会を頂いたので、「交換留学生の視点から見たKellogg」という切り口で、Kelloggについての特徴や魅力についてお伝えしたいと思います。

Why Kellogg?
僕が交換留学先としてKelloggを選んだ理由は、?General Management能力を育成する教育方針及びカリキュラムがKBSのそれと似ており共感出来たこと、?授業以外での学生活動も活発であり様々な挑戦が出来る機会に溢れていること、?学校のファシリティーやサービスへのアクセスが留学生にも正規生とほぼ同程度認められており、留学生でもストレスのない生活が送れると考えたこと、の3点です。どれも多くのビジネススクールが学校方針として謳っている内容ですが、これらをバランス良くかつ非常にハイレベルに実践出来ている学校はKelloggにおいて他にない!という思いから、Kelloggを留学先として選びました。この点は、Full timeでの留学をご検討されている方々とそんなに大きな差は無いかもしれません。

Warren Buffet Trip

| | コメント(0) | トラックバック(0)

Class of 2012のTIです。

早いもので、もう2年目の冬学期が半分ほど過ぎようとしています。今学期はフランスのINSEADに交換留学に来ており、Kelloggとはまた一味違うINSEADにおけるMBA生活を楽しんでいます。

さて、今回は昨年11月に参加したWarren Buffet Tripに関して報告させていただきます。この旅行はWarren Buffetが毎年約6回アメリカ各地のビジネススクールの学生をオマハに招待して行われます。私はAsset Management PracticumというKelloggの基金を使用して株式投資を行う授業を受講したため、この旅行に参加する機会を得ることができました。KelloggのHPでもTripの内容が紹介されていますのでこちらもご覧ください。

http://www.kellogg.northwestern.edu/News_Articles/2011/warren-buffett.aspx

 

_4819540399 (1)-320.jpg

 

このアーカイブについて

このページには、2012年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年1月です。

次のアーカイブは2012年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。