2011年3月アーカイブ

ケロッグでのTシャツ販売は2日で120枚近くを売り上げるなど順調だ。
また、コリアン・ビジネスクラブ、ボランティアクラブ、退役軍人クラブなど他のグラブからの応援も積極的だ。

例えば、退役軍人クラブは、「沖縄に駐留した時に、日本人から多大な助けを受けた。どのような形でも助けをしたい」や、「多くの退役軍人が、どのような支援が可能か気をもんでいる」などかなり積極的な支援の姿勢を示している。

日本国内でも米軍の支援は「オペレーション・トモダチ」として評価が高まっていると伝え聞く。米軍の日本へのコミットメントの強さ、実行・遂行力、問題解決力が評価されている。日米が培ってきた信頼関係と、米国の「有事の友」としての存在感は貴重なものだ。

そうした国レベルでの信頼関係の強さが、大学院の中の個人レベルでの信頼関係にも還元していることを感じる。

ケロッグ・ジャパン・クラブ(KJC)では、3月28日(月)の春学期開始に合わせて、大々的な日本災害救済募金活動を開始します。取り組みの一つは、オンラインでの募金活動で、KJCが開設した以下のウェブサイトにてケロッグ内外から募金を集め、米国赤十字を通して、全額、日本支援に活用します。http://www.firstgiving.com/japan-disaster-relief-19cc94

もう一つの取り組みは、主にケロッグ生を対象としたTシャツ販売です。300着を一着20ドルを下限として販売し、販売利益の全額を日本の災害救済に充てます。デザインはオリジナルで、日本(日の丸)を世界やケロッグが温かく包み込み、友情と支援を届けるといったイメージを抽象化したもの。「友」の文字は、米軍の「オペレーション・トモダチ」にインスパイアされたものです。

http://kellogg.campusgroups.com/japan/blog/t-shirt-for-japan-disaster-relief-fundraising/1177/

この募金活動は、KJC、ケロッグ日本人在校生、その他クラブなどが連携して行うもので、ケロッグの特色である、密な人と人との関係が真価を発揮する好事例になります。

 

Shirt.jpg

 

自分にできること

| | コメント(0) | トラックバック(0)

この度の東北地方太平洋沖地震で被災された方々に、心からお見舞い申し上げます。

 

今回の国難に、我々Kellogg日本人一同、大変胸を痛めております。地震発生時はEarly Examを直前に控え、試験勉強中でした。休憩しようと思って何気なくYahoo開いてみると、見慣れない大きな文字で地震発生との情報。ただごとではないと感じ、Twitterを開いてみると、ものすごい量の情報が飛び交っている。加えてメールボックスを開けると、GIM Japanのメンバーから、家族は大丈夫かとのメールが複数届いている。その後、気が動転しながら、中学生がUstreamで配信していたNHKニュースを食い入るように見ていた。

 

ほどなくして原発関連のニュースが舞い込む。祈るような思いでただ画面を見つめることしかできず、人間の力ではどうすることもできない自然の巨大な力にただ圧倒されるとともに、悔しさが込み上げてきた。

 

我々の企画してきたGIM Japanは3日後に控えていたが、中止とすることを決定。素晴らしい日本を外国人クラスメイトに知ってもらいたいと思い一生懸命準備をしてきたが、今は違った形で日本の良さを伝えたいという気持ちでいっぱいだ。Kelloggでは、2年生の先輩方が中心となって下さり、募金イベントやチャリティTシャツ販売の準備を進めている。今日本で物理的に起こっていることは大変悲しい事実ばかりだが、BBCやNew York Timesなど各国のメディアが連日伝えるように、日本人の我慢強さ、助け合いの心や思いやりを改めて感じる機会となったのも確か。技術的な先進国としての素晴らしさのみならず、日本の素晴らしい国民性を、今こそクラスメイトに知ってもらいたいと思う。そのために自分にできることを見つめ直し、具体的な活動につなげていきたい。

 

Blog Guide (お勧め記事へのリンク集)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

お勧め記事へのリンク集を作成しました。

初めての方は、以下の「続きを読む」の横をクリックしていただき、是非ご興味のある記事を探してみて下さい。

 

また、受験生向けウェブサイト(http://www.kelloggalumni.jp/Prospective/)の方も更新しましたので、是非ご覧下さい。特に日本人学生サーベイの項(http://www.kelloggalumni.jp/Prospective/facts/survey.html)では、ブログと同じく在校生のKellogg lifeに関する様々なコメントを見ることができます。

 

このアーカイブについて

このページには、2011年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年2月です。

次のアーカイブは2011年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。