2010年3月アーカイブ

Why MBA? という問いには、皆自信を持って答えられるものである。キャリアチェンジを図りたい、ビジネスを体系的に勉強したい、英語環境で働けるコミュニケーションスキルを身に付けたい、世界の将来のリーダーとネットワークを築きたい、などなど。しかしWhy that school? という問いの答えを見つけるのはなかなか難しい。トップスクールであれば、どの分野でもトップレベルの教育が受けられる。Kelloggと言えばMarketingが有名だが、他の分野についてもバライティに富んだ数多くの授業があり、全米を代表する教授陣が集まっている。将来学者になるなら話は別だが、グローバルに活躍できるビジネスマンとしての素養というレベルは、どのトップスクールもあらゆる分野で十分に満たしていると思う。学べる分野、学べる内容の質の高さでトップスクールを区別するのは難しい。

では、どこで区別をするのか。例えば、気候で選ぶ人がいるだろう。西海岸の温暖かつのどかな気候に憧れを持つ人は多いかもしれない。しかし、どこに行っても住めば都である。Kelloggのあるエバンストンも夏は非常に快適であるし、冬の寒さも意外と慣れてしまう。他に、卒業生の就職先で選ぶ人もいるだろう。しかしあの統計は大多数がアメリカ人を占める学生全体のデータに過ぎず、日本人という特別なセグメントに属する我々にはあまり参考にならない。Kelloggの学生で金融系からインターンシップをもらう人もたくさんいる。また他に、純粋にランキングを重視する人もいるだろう。だが、Top tierのグループに入っている学校の差なんて非常にMarginalであるし、そのグループの中でどこの学校だからよりブランドがあって、ビジネス界で有利になるなんてことはない。ランキングの数字だけで学校を決めてしまうのは非常にもったいない。

実は私も、決め手を見つけきれずに学校を決めてしまった人間の1人である。複数の学校から合格をもらったが、最終的には話した在校生、日本で会ったアルムナイの方とのフィットでKelloggがよさそうだと感じて決めた。今思うと少し軽率だったかもしれないが、実際Kelloggに入ってみて、Kelloggのカルチャーを肌で実感する中で、今は鮮明にWhy Kelloggが見えてきている。今は自信を持って、自分が正しい判断をしたと言える(あくまで結果論になってしまったが・・・)。今回は私の中での今だから語れるWhy Kelloggについて、思うところを述べていきたい。

 「健康的な食事」は、留学生活で最も確保の難しいライフライン。食事には、外食、自炊、弁当・テイクアウト、誰かに作ってもらうといったパターンがある。ただ、残念ながら、自分には今のところ誰かに作ってもらうという選択肢はない。

 食事について考えるべき評価軸は、スピード(時間)、健康度、お金、料理の技術の必要性、味として、評価レベルは3段階で、良い順に、○、△、×としてみる。なお「技術」は、自分に料理の技術が必要なくて済むほど評価が高いことにしよう。 

食事の選択肢の評価

matrix.jpgのサムネール画像

このアーカイブについて

このページには、2010年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年2月です。

次のアーカイブは2010年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。