2009年5月アーカイブ

早いもので、もう1年目の終わりがすぐそこまで近づいていることに少し寂しさを覚えているYKです。今まで自分が執筆したブログ記事を振り返ってみて、課外活動の比率が多いような気がしたので、今回は少しアカデミックなものを。今学期で所謂コアと呼ばれる必修の授業は終わり、来年から全て選択科目になるわけですが、振り返って見てこれは秀逸だったなあと思う授業を今後、ご紹介させて頂きたいと思っています。第1回目は、Kelloggの強みであるマーケティング分野の必修科目であるMarketing Managementです。教授は、↓この人、Kent Grayson教授。

grayson_k.jpg

http://www.kellogg.northwestern.edu/Faculty/Directory/Grayson_Kent.aspx

チャレンジのメカニズム後半戦(前回はこちら)。敵はゾーマなのか、デスピサロなのか、一体どんな攻撃をしてくるのか、どんな武器が効くのか。今回は、米国社会/ジョブマーケットに於けるMBAという「仕組み」とその位置づけ、アメリカ人MBA達の「リアル」を抉り出せるように努めてみました。アメリカ就職を目指さない一般の留学生の方にも多少示唆がある(かも知れない)内容になればと思ってます。 NY120(16).jpg

米国就活マニュアル第三回(前回はこちら)。難しさの裏にあるメカニズムを解明。本来米国での就職を目指す方向けのマニュアルですが、願わくば、一般の読者の方にとっても普通にMBA留学をするだけでは知ることの出来ない生々しい内情を知る意味でもほんの少しだけお役に立てる/読み物として楽しんで頂けるかもです。 Chicago Skyline9056.jpg

〔お気に入りだったかっけえシカゴのskylineとも遂にお別れ。切ねっす〕

長いですが、ブレットポイントを使って構造化したメモ形式なので、ハイレベルの太字のメッセージラインだけ読んで頂ければquick skimming可能です。

 

こんな不況の真っ只中米国就活マニュアルなんて空気全く読めてなさすぎですが、いいんです。この記事の恩恵を受ける日本人の方が一人でもいて下されば。そして、3年後、4年後に景気が回復してから本格的に日の目を見れば…

 

MBAと起業(4) MBAで起業が学べるか

| | コメント(0) | トラックバック(0)

前回までは私たちのビジネスプラン、またこれまで戦ったビジネスプランコンペティションについてご紹介してきました。今日は学生の間でしばしば話題になる「MBAで起業が学べるか」について書いていこうと思います。

 

DSC01371-320.jpg

 

米国就活マニュアル第二弾。(前回の記事はこちら

Chicago hancock.jpg今回の一連の記事を書きながら、人生やらキャリアやらについてゴチャゴチャと思いを巡らせる中で、耳に残っていた、ある授業でゲストスピーカーとしていらしていた創業社長の言葉が思い出された。

前回はビジネスプランKAIEN(カイエン)を書き始めるきっかけとなった要素についてご説明しましたが、今回はKelloggにおいてビジネスプランを発展させている段階で私が直面した問題についてお話したいと思います。

 

DSC01361-320.jpg 

 

引き続き米国MBAの就職戦線は歴史的壊滅状態が続いている。結局卒業の時点でアメリカ人の2年生の3割が職無し状態。しかも就職する7割のうち、1-2割は、企業側から就業開始の先延ばしを提示され卒業から半年-1年後まで働けない。1年生はさらに厳しい状況と聴いている。それでもKelloggはまだましな方で、金融系の学校、2nd tierの学校はさらに辛い状況との事。トップスクールを出てプーになるとは入学時は誰も想定していなかっただろう。(詳しいアップデートは前回の記事のコメント欄に)  IMG_38022.JPG

(朝起きてふと窓の外を見るとミシガン湖の上に超ベルベットな東の空。Evanstonの最高な
環境も後ちょっとかと思うと名残惜しくなり思わずパチリ。OasisのWhateverのジャケ思い出しました)

 

さて、前回前々回と米国内での就職活動のことを書いてから何人かの友人や受験生から「続きが読みたい」との嬉しいお言葉を頂いた。さぼっててすみませんでした…つかナメック星?と錯覚するくらい筆が重くなっちゃいまして…やっとこさ続編。

大きく3回に分けて、(1)そもそもどういうゲームなのか?という概要、(2)何が難しいのか?というゲームのルール、(3)じゃあどうやって戦えば勝てるの?という戦略/戦術、の順番でお届けする予定。

前回は私たちKAIEN(カイエン)が優勝できたTulane Business Plan Competitionを題材に、MBA生がビジネスプランコンペティションで戦う様子をつづりました。今回は私たちのビジネスプランがどのようなものかというのをご紹介します。

 DSC01356-320.jpg

このアーカイブについて

このページには、2009年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年4月です。

次のアーカイブは2009年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。