2008年7月アーカイブ

7月27日(日)に、Kellogg在校生・卒業生による、MBA受験生の皆様を対象とした学校説明会を開催します。 御好評につき申込人数が会場のキャパシティである定員200名に達してしまいましたため、大変申し訳ないのですが、誠に勝手ながら参加申込を締め切らせて頂きました。申込誠に有難う御座いました。(会の詳細につきましては、以下の"続きを読む"にてご覧下さい。申込に関する問い合わせは下記までご連絡下さい。

Class of 2010NNです。いよいよ夏も真っ盛り。秋からの新学期に向けて、同級生一同思い思いの夏を過ごしています。私はと言うと7月からUCバークレーにて、サマースクールに通学中です。今回の投稿では、現在通学中のUC Berkeley Summer Sessionの紹介とともに、入学直前のKellogg生の過ごし方の一例を紹介できればと思います。

MBA合格体験記

| | コメント(0) | トラックバック(0)

このブログでは今まであまり大きなウェイトを置いて来なかったのだが、本ブログが想定している主な読者であるMBA受験生の皆様にとって最もニーズのある内容の一つが受験に関する方法論、合格体験記だろう。

という訳で、今回はちょっと番外編的に、その手の情報ソースをいくつかご紹介させて頂こうと思う。

1IMG_1389.JPG

このブログで記事を執筆し始めた当初から在校生たちの中でずっと議論し続けている視点として、(当然のことながら)「受験生の皆さんにとって最も必要な情報、本当に知りたい情報は何か?」というものがある。そんな中でずっと、記事書かなきゃな、載っけなきゃな、と思っていた切り口の一つに、実際のKelloggの校舎の写真がある。

IMG_1384.JPGという訳で今回はいくつか学校の風景をご紹介。

Summer School @UCLA

| | コメント(0) | トラックバック(0)

はじめまして!Class of 2010のKKです。昨年、学校調査の一環で参考にしていたMBAライフのブログを執筆する時が私にも来ました。時が経つのは早いもので、GMATやEssayで慌しい時間を過ごしていたのがたった一年前とは信じられません。

さて、今私はUCLAのサマースクールに来ております。実際にKelloggの生活は8月下旬のKWEST(Kellogg Worldwide Experiences and Services Trip:Kelloggの同級生と共に1週間世界各地に散らばり、各地の文化・自然に触れつつ地域貢献活動を行い、Kelloggのコア文化であるチームワークを経験するもの)、9月上旬のCIM(Complete Immersion in Management:オリエンテーション)を皮切りにスタートしますが、Kelloggの生活が始まる前なので、今回はUCLAサマースクールの雰囲気について紹介できればと思います。

エバンストン生活、というよりもむしろアメリカ生活、アメリカ文化の話として括った方がいい類の話だが、再びミュージカルネタ。前回と同じくシカゴで見た、Avenue-Q

前回のJersey boysと違い、今回は完全にコメディ。最高に面白かった。非常にアメリカ的というか、ニューヨーク的で。妻と二人で大笑いして帰ってきた。

Q.jpgこのミュージカルの面白さの一つは、人間と人形(セサミストリートのパクり)が混在してやっているところ。最初は人形を持ってる役者が丸見えで人形のセリフを喋ってることや人形を持ってない普通の人間キャラもいることに物凄い違和感があったが、見てるうちに慣れ、人形も完全に血の通った、感情を持った人間に見え始め、完全にこの劇の世界観に取り込まれてしまった。(途中で人形を持つ役者がスイッチして、声色を変えて複数の役者が一つの人形の声を演じたり、結構面白かった。)

はじめまして、Class of 2010(2008年秋入学)のYKです。受験中は自分も色々と参考にしていた当ブログですが、こうして執筆できるというのもなかなか感慨深いものですね。まだ、授業開始前ではありますが、これからClass of 2010のメンバーも順次、ブログに投稿させてもらう予定なのでどうぞよろしくお願いします。

                                CIMG0179.JPG

Class of 2010も徐々に親睦を深めていますが、バックグラウンドも色々(商社・金融・コンサル・IT・メーカー・不動産・官庁・弁護士等々)、キャラも色々で、かなーり熱い感じです!! これからこんな濃いメンバーと2年間過ごせると思うと、やっぱりKelloggにこれてよかったなーと思います。個性豊かなメンバーによる、様々な角度からのKellogg生活の紹介ができると思いますので、これからも当ブログにご期待ください。

Harry Kraemer先生のリーダーシップの授業のご紹介、三本目。

の前に、先日、春学期の最終週に行われた07-08年度年間ベスト教授賞の表彰式で、このKraemer先生が遂にMVPを受賞した。(その際の記事はこちら

IMG_1143.JPG個人的には、学期の最後の授業の際に提出する「生徒から先生への通知表」で、今まで書いたことが無い程の高い評価を記入しながら、多分他の学生も高い評価をしてるんだろうなー、そうするとこの先生近いうちにMVP取っちゃうかもなー、と薄々感じていた。でもまあ、まだ教授になって数年だし、他の経験のある豪華教授陣を差し置いて、まさか今年取っちゃうってことは無いだろうな、とも思っていた。それだけにちょっと意外な結果。今学期の受講生宛に送られたメールにてご本人曰く、ご自身も全く想定外でショックを受けたとのこと。

(余談だが、これに伴い来年以降ますます人気が出てしまい、彼の授業のBidding point〔授業選択に於ける競り制度で学生が支払う通貨〕が今以上に高騰してしまうんじゃないだろうか。今年無理矢理取っといてラッキーだった...)

このアーカイブについて

このページには、2008年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年6月です。

次のアーカイブは2008年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。