サイト移転のお知らせ

| | コメント(0) | トラックバック(0)

当サイトは下記URLに引っ越しいたしました。

http://kellogg-prospective.com/

 

今後とも受験生の皆様に有益な情報を提供して参りたいと存じますので

引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

 

Kellogg School of Management 日本人在校生一同

下記のとおり、2016年813日(土)、東京にて、MBA受験生のみなさまを対象としたKellogg在校生・卒業生による学校説明会を開催致します。詳細は本記事末尾に添付のフライヤーも合わせてご覧ください。


【日時】 2016813日(土)15:00(開場14:30-18:00(予定)

【場所】 フクラシア東京ステーション 会議室D

(〒100-0004 東京都千代田区大手町2-6-1 朝日生命大手町ビル6F

         JR東京駅・地下鉄大手町駅 地下直結

         JR東京駅 日本橋口徒歩1

         JR地下鉄大手町駅 B6出口直結

         Tel050-5265-4805(予約センター)

【内容】 1.在校生によるKelloggの紹介、2.卒業生によるパネルディスカッション、3.個別Q&A (進行は日本語で行う予定です。)

【申込要領】 ご参加いただける方は、下記URLよりご登録をお願い致します。

https://apply.kellogg.northwestern.edu/register/FT-Events-AmbassadorTokyo


席に限りがありますので先着順にて定員になり次第申し込みを締め切らせて頂きます。

なお、本説明会は、日本に活動の拠点をおくKelloggの在校生・卒業生が自主的に企画するものであり、出願審査とは一切関係ございません。インフォーマルな形式の会ですので、カジュアルな服装でお越しください。

 

Kelloggについてのご理解を深め、エッセイ・インタビューに向けたご準備にお役立ていただける良い機会かと存じますので、多くのみなさまのご参加をお待ちしております。

KACJInfoSession2016Summer_EventFlyer_160813.pdf

 

My favorite classes at Kellogg

| | コメント(0) | トラックバック(0)

I'd like to share with you three of my favorite classes at Kellogg.

1. Leader as Coach
This is a class that has fundamentally changed how I think.

Let me start from how I ended up taking the class. As you may know, we have a ton of long breaks during our time at Kellogg. Many of us without family obligations spend these breaks traveling to various locations with fellow MBA students. I personally traveled to Ecuador, Seattle, San Francisco, Brazil, Peru, Patagonia (Chile and Argentina), and South Africa.

One of the trips that has had the greatest impact on how I think was the trip to Patagonia. I travelled with a group of ten friends to this remote location at the southern most tip of the American continent.  

One of the things that we talked about on the trip was about our favorite classes. Chris and Karen said that their favorite class was Leader as Coach. They said that the idea behind the class is that one way to exhibit leadership is by acting as a coach. A professional coach according is different from a mentor in that a coach does not provide solutions to a problem but rather asks powerful questions so that the coachee can reach a solution on his or her own. Chris and Karen went ahead and demonstrated the method by coaching Mary about the leadership challenges she faced in her New Venture Discovery team and her student organization. Chris and Karen both had their own coaching style. Chris spent more time encouraging Mary to continue elaborating and asked soft questions that slowly, but pleasantly, lead Mary to a solution. Karen on the other hand asked insightful questions that quickly lead Mary to a solution. I was amazed to see how delighted Mary was coming out of these conversations, and decided to try coaching Adam, another member of the group. It failed miserably. I was unable to actively listen and ask the right questions. So I decided to take the class the following quarter.

The class turned out to be one of my favorite classes at Kellogg. Until then, I was a believer in classes that taught hard skills like finance, accounting, and marketing through a team environment. I had been trying to prepare myself to become the best solution giver and team player through technical classes with a heavy teamwork component. Leader as Coach opened my eyes to a totally different approach.

Through the class I coached one undergraduate student majoring in theatre, a PhD student in psychology, and two fellow MBA students. Each class the professor would teach us coaching skills and we would apply these skills outside of class with our coachees. Through the coaching sessions, one of my coachees realized that she was experiencing conflicts in her team because they had not explicitly discussed and established team norms. Another coachee realized that she was frequently causing conflict by setting overly optimistic expectations for her team. I realized that I could have an impact on people without acting as a provider of solutions.

Now when I have the opportunity to help someone, I ask the person or myself "Should I give recommendations, or act more like a coach?"

2. Federal Policy
Another one of my favorite classes is Federal Policy. It is a case based class where we prepare for each class by reading and analyzing a case about a public policy decision faced by a country. For example the decision faced by South Africa to deal with inequality or the decision faced by Pakistan regarding Polio eradication. During class, we have a group discussion (with the professor as the facilitator) about what the country should do. I love case based classes because I love coming up with solutions to challenging problems, and it is especially fun in a group setting. The class also has two group debates regarding a public policy.
What is special about this class is that it covers public policy. It was refreshing to leave the context of optimizing for profitability and to talk about decision making with various other criteria. The class also also covered cases from around the world rather than focusing on the US. Also the professor (Professor Besanko) is very articulate, logical, organized, committed, caring, and passionate. He is the writer of half of the cases that was covered.

3. Global Entrepreneurial Finance

My third favorite class is Global Entrepreneurial Finance. The title is misleading because the class has little to do with entrepreneurship. The class is a case based class about global financial decisions. It is one of Kellogg's most competitive class with the heaviest workload, but provides a lot of learning. It is the class that people take after taking the core finance classes, core accounting classes, Financial Reporting and Analysis, Financial Decisions, and International Finance. Each class covers a case in a different country regarding a financial decision faced by a company. Almost all cases involve a global buyer investing in a foreign firm, written from the perspective of either the seller or buyer.


Although I am not going into investment banking or private equity, I want to deeply understand corporate finance. The professor encourages intense debate within the class so that the class can 'kill' the case. He is also extremely caring and dedicated and individually emails students after class to make sure that each student understands the content.


Classes at Kellogg

 

There are a wide range of classes at Kellogg to chose from, but we can’t take all the interesting classes. Do I want to take a class that I enjoy or one that will likely help me in the future? Do I want to pick a class that will help me in my short-term career or one that focuses more on the big picture? My preferences have evolved over my time at Kellogg as my life after Kellogg plans evolved as as I learned more about myself. I’m glad that Kellogg provided a wide enough range of classes to suit my evolving needs, and I am extremely happy that I was able to take the three classes that I talked about here.


725日にAdmissions Office担当者が来日し、以下のとおりOfficial Information Sessionを開催します。


【日時】:2016 7 25日(月) 1900分開始(1845分受付開始)、2100分終了予定
【場所】:ゴールドマンサックス証券 47階オーディトリアム(〒106-6147 東京都港区六本木6丁目101号 六本木ヒルズ森タワー47階)
【内容】:第一部: Admissions Officerによるプレゼンテーション / 第二部: 卒業生によるパネルディスカッション / 第三部: 個別 Q&A (学校説明及びパネルディスカッションは英語で行う予定です)


【申込要領】:以下URLよりお申込み下さい。

https://apply.kellogg.northwestern.edu/register/16-FT-PRO-EVENT-TokyoInfo


*詳細につきましては添付フライヤーご参照下さい

Kellogg Info Session 2016.pdf


直接Admission担当者にご質問をいただく数少ない機会となっております。当日お会いできるのを楽しみにしております。

 

 

 

Kellogg One-Year MBA Programのご紹介

| | コメント(0) | トラックバック(0)

Class of 2016のLSです。

今日は、Kelloggが近年力を入れている1年制MBAプログラムについてご紹介したいと思います。私自身は20156月に本プログラムを開始し、20166月に卒業予定です。

Kelloggは米国MBAトップスクールの中で(おそらく)唯一1年制プログラムを展開しており、年々学生数を増やしてきています。私は1年制プログラムに絞って学校選択を行い、かつ米国の教育システムで学びたいと考えていたため、このプログラムは恵みの選択肢でした。

一方、Class of 2016の同級生130人弱のうち日本人は私1人、ということから分かるように、おそらく日本人のアプリカントの方々にとっては馴染みの薄いプログラムなのではと思います。

詳細・最新情報については公式ホームページ等を確認頂ければと思いますが、以下が本プログラムの概要及び自身の体験をふまえた特徴です。

·       1年間でMBAの学位が取得できる

o   夏学期(6月下旬?)から始まり、翌年の春学期(4月?)で終了

・  夏学期・秋学期・冬学期・春学期の4クォーター

・  Class of 2016の場合、20156月開始、20166月終了

o   最初の夏学期に2年制MBAの「1年目」に相当する科目を学び、秋学期からは「2年目」として授業を選択

・  夏学期は、全員共通の必修に加え、個々のバックグラウンドに応じた選択必修、及び選択科目を履修

・  秋学期以降は、2年制MBA2年生と同じ選択科目の中から授業を履修可能

·       130名弱の同級生と強いつながりができる

o   2クラスのみのため、ほぼ全員、顔と名前が一致する

o   夏学期中に非常に仲良くなれる

・  ほとんどの学生が夏休みのタイミングで学期が始まるため、空いているキャンパスとエバンストンを満喫

・  夏学期には1年制プログラムの同級生大半が参加するパーティーやイベントが毎週のようにあり、ネットワーキングには最適

·       多様なバックグラウンド・価値観の学生と関われる

o   (これから多くなるかもしれませんが)日本人が少なく、必然的に日本人以外と関わることが多い

・  海外在住経験のなかった私にとって、この環境は語学の面で非常にありがたい環境でした

・  10か月間のエバンストン生活のうち日本語で会話をしたのは両手で数えられる程度だと思います

o   スポンサーシップの学生が多いものの、限られた時間で短期決戦の就職活動をする同級生も多く、刺激が受けられる

o   PEIB、コンサルティング、会計等のプロフェッショナルファーム出身者に加え、事業会社出身者やアントレプレナーなども混在しているため、色々な視点を学べる

正直、今は「1年は効率的だったけど、こんなに楽しいなら2年間にすれば良かったかも、、、」とも感じているのですが、やはり最高の仲間と濃縮された1年間を過ごせる本プログラムはとても魅力的だと思います。

短期間でMBAを取得したためにヨーロッパの学校にしかアプライしない方がもしいらっしゃったら、ぜひKelloggOne-Year MBAもご一考いただければと思います!

 

(プログラムへアプライする条件等については、Webページやアドミッションにご確認ください)

 

One-Year MBA Program Classmates in CIM (Complete Immersion in Management) Week

One-Year MBA Program Classmates in CIM (Complete Immersion in Management) Week2.jpg

2016年6月8日(水)、東京にて、Kellogg-HKUSTエグゼクティブMBAの説明会を開催致します。

本プログラムはKellogg School of Managementとアジアのトップスクールである香港科技大学(HKUST)のジョイントプログラムで、忙しいエグゼクティブ層向けに週末を中心とした構成となっております。

英Financial Times紙のグローバルランキングでは過去9年間に6度ナンバー1にランクインするなど高い評価を受けております。当日はメインキャンパスとなる香港よりアドミニストレーションとプログラムの責任者が来日し、本プログラムの特徴をご説明いたします。また、卒業生による経験を直接聞いて頂くことも予定しております。


【日時】 2016年6月8日(水)19:00-21:00 

【場所】 グランドハイアット東京 ドローイングルーム(2F)

           (〒106-0032 東京都港区六本木 6-10-3)

【内容】 1.プログラムの紹介、2.卒業生によるパネルディスカッション、3.Q&A

【申込要領】 ご参加いただける方は、下記URL(開催場所TOKYOの欄をご覧ください)よりご登録をお願い致します。

http://emba.ust.hk/events/?utm_source=Alumni%20Club%20Japan&utm_medium=article&utm_content=event%20details%20blog&utm_campaign=Tokyo%20Jun%202016


お席に限りがありますのでお早めのアクセスをお願い致します。

上記内容は変更となる可能性がございます。最新の情報は上記URLにてご確認ください。

プログラムについてのご理解を深めていただき、エッセイ・インタビューに向けたご準備にお役立ていただける良い機会かと存じますので、多くのみなさまのご参加をお待ちしております。

Class of 2016のJAです。
早いもので今週のFinal ExamでFall Quarterも終わり、私たち二年生はKelloggでの生活も残りあと半年あまりとなりました。そんな中で強く感じているのが、まだまだ取りたい授業がたくさんある!ということです。私は元々Marketingに関心があってMBAを志向したのですが、実際授業を受けてみるとそれ以外の科目も面白い授業が多く、結果的にはこれまでのところMarketing、Finance、Strategyなどの授業をバランス良く受講して、とても二年間では自分の取りたい授業を全て取り切れないと感じています(そんなわけで、あと残り2 Quarterでどの授業をとって、どれを見切るかということに頭を悩ませています)。


一方で、期待していたMarketingの授業はどうかというと、こちらも評判通り素晴らしい授業ばかりで、教授陣はビジネスの経験も豊富ですし、CPGの企業が多く所在している中西部という立地から多くのゲストスピーカーが頻繁にいらっしゃるなど、ただの理論ではなく実際の事例に基づいた生きたMarketingが学ぶことができていると感じています。つい先日もケースの講義の最中に、ケースが書かれた当時その商品の担当マネージャーだった方が飛び入りで参加してくださり、実際の当事者から何故その戦略をとったのかということから、社内でどのような論議があったのかといった点まで説明してもらい、非常に深い内容を学ぶことができました。また、Marketingだけで30以上の授業提供されており、幅広い関心に対応することができることも魅力の一つだと思います。

 

ということで、前置きが長くなりましたが今回はKelloggの数あるMarketingの授業の中で、私が昨年度の春学期に受講したConsumer Insight Competitionという授業についてご紹介します。
この授業はスポンサー企業から与えられた課題に対して、授業で学ぶマーケット調査の手法を用いて実際に消費者へ調査を行った上で、最終的に5人一組のチームで提案を行うという、一般の授業とケースコンペティションをミックスしたような授業です。昨年度は大手のビールメーカーがスポンサーとなり、米国の若者(ミレニアル世代)のビール離れが進んでいる中で、同社のビールブランドをどのようにその世代に対してマーケティングすべきかというお題に取り組みました。特に、ミレニアル世代は友達同士などの社交の場の目的や持ち方がこれまでの世代と比べて変わってきており、それが社交の場でよく飲まれるビールを敬遠することに繋がっているのではないかという問題意識の下、ミレニアル世代の社交の場およびアルコールに対するニーズを深掘りしていきました。
この授業のもう一つの特徴は、Ethnographyという人間のありのままの行動を観察することによって、アンケート調査等ではわからない消費者の隠れたニーズを探る、近年多くの企業に注目され始めているマーケット調査の手法を用いることです(概念自体は昔からあるようですが)。授業の中でEthnographyについて学び、それを課題に対するマーケット調査のために実際に用いることで、この手法についての理解を深めていきました。
実際の授業の構成は大きく以下のように分かれています。

 

講義:主にレクチャーやディスカッションを通じて、競争優位につながるConsumer Insightを発掘する方法、特にそのための手法を学習しました。教授自身AbbottやCoorsでのMarketingでの経験が豊富で、自身の経験や有名企業の実例を用いてレクチャーしてくれる他、Ethnographyの専門化やSC Johnson、Groupon等のゲストスピーカーからもEthnographyの実務や企業のベストプラクティス等を学びました。またAssignmentを通じて授業で学んだ調査手法を実際に友人や家族相手に実践することで、Ethnography等の手法を用いたマーケティング調査への理解を深めていきました。

 

マーケット調査:各グループがKelloggとは全く関係のない2人のミレミアム世代の被験者をアサインされ、(1) 被験者の自宅でのインタビュー、(2) 被験者とその友達との社交の場への同席、という2つのフェーズを通じて、彼らの社交の場でのニーズやアルコールに対する嗜好を調査しました。
私は、アメリカ人3人とウクライナ人と一緒にグループを組み、そのうちのアメリカ人2人とともに昨年Main大学を卒業したばかりのA 君に対して調査を行いました。Ethnographyでは被験者に心を開いてもらい、ありのままの姿で答えてもらったり行動してもらうことが重要なため、インタビューではまずはある程度時間をかけてice breakをしたあと、友達と集まって行うこと、お酒の好み、具体的な消費パターンなどを掘り下げて聞いていきました。3時間にも渡るインタビューの中で、こちらの質問に対するA君の回答だけでなく、彼の行動や部屋の中等も観察することでA君の嗜好および根底にある価値観を探っていきました。また翌週には、A君および友達二人がスポーツバーで飲むところに参加し、飲み会中の会話、行動、注文した飲み物、それらをどのように飲んでいたかなどを観察しました。

 

プレゼン (1):各グループがマーケット調査の結果を授業の中でプレゼンすることで、クラス全員で16人の被験者の情報を共有しました。その後この16人の情報をもとに、各チームでミレニアル世代のアルコールに対するニーズ等を分析し、プレゼン (2)に向けた提案内容を準備しました。

 

プレゼン (2):授業の最終週にスポンサー企業のConsumer Insight部門のヘッドを含めた3名および教授に対して、各グループが提案内容についてのプレゼンを行いました。プレゼン後には審査員からのフィードバックを受け、また全グループ終了後にはスポンサー企業から提供されたビールを片手にレセプション&結果発表が行われました。

 

残念ながら、私のグループは優勝することはできませんでしたが、この授業は講義で学んだ内容を実践することで更に理解を深めるというExperiential Learningの側面と、ケースコンペティションで他のクラスメイトと競うという面が合わさっており、他の授業とはまた一味違う学びと楽しさを味わうことができました。アメリカの若者のカルチャーを知らない身としては、人一倍苦労することも多かったですし、マーケット調査やプレゼンに向けたミーティングなどにかなりの時間をとられましたが、実際に自分達でマーケット調査からマーケティング戦略の提案までの一連の流れを経験する中で、改めて消費者のニーズを探ることの大変さや面白さを感じることができました。
また、Kelloggの一つの特徴として皆で何かをやるのが好きな学生が多く、その中で皆が自主性を発揮してそれぞれの形で組織やチームに貢献していることが挙げられると思いますが、このチームのメンバーも例外でなく、5人がそれぞれを補完し合いながら一緒に一つのものを作り上げていく中で、仲間から学び、自らを成長させ、そして楽しむ、というKelloggらしさ満載の経験ができたと思っています。

今般、一時帰国する在校生の主催により、下記要領にて、受験生の皆さまとのコーヒーチャットを開催することとなりました。当日は、Kellogg卒業生も交え、学校生活、キャリア及びMBA受験等について、ざっくばらんにお話をできればと思っております。

参加をご希望の方は下記のリンクからお申込み下さい。

尚、席に限りがありますので先着順にて定員になり次第申し込みを締め切らせて頂きます。

参加登録URL: https://apply.kellogg.northwestern.edu/register/FTCampaignPAmbassadorEvent121615

日時: 2015年12月16日(水)19:00開始-21:00終了予定
場所: AP東京八重洲通り 会議室S (東京都中央区京橋1丁目10番7号KPP八重洲ビル7階)
•    JR「東京」駅八重洲中央口から徒歩6分
•    銀座線「日本橋」駅から徒歩5分・「京橋」駅から徒歩4分
•    都営浅草線「宝町」駅から徒歩4分

なお、本コーヒーチャットは、Kelloggの日本人在校生・卒業生によって自主的に企画されたものであり、出願審査とは一切関係ございません。インフォーマルな形式の会ですので、カジュアルな服装でお越しください。

年末のお忙しい時期かとは存じますが、本会は、Kelloggについての理解を深め、エッセイ・インタビューに向けた準備にお役立て頂ける良い機会かと思います。皆さまのご参加をお待ちしております。

*詳細は添付フライヤーご参照下さい。

KACJInfoSession2015Winter_Coffeechat_EventFlyer_2015.pdf

 

下記のとおり、2015年8月9日(日)、東京にて、MBA受験生のみなさまを対象としたKellogg在校生・卒業生による学校説明会を開催致します。詳細は本記事末尾に添付のフライヤーも合わせてご覧ください。

【日時】 2015年8月9日(日)14:00(開場13:30)-17:00(予定)

【場所】 フクラシア東京ステーション 会議室D

(〒100-0004 東京都千代田区大手町2-6-1 朝日生命大手町ビル6F)

  • JR東京駅・地下鉄大手町駅 地下直結
  • JR東京駅 日本橋口徒歩1分
  • JR地下鉄大手町駅 B6出口直結
  • Tel:050-5265-4805(予約センター)

【内容】 1.在校生によるKelloggの紹介、2.卒業生によるパネルディスカッション、3.個別Q&A (進行は日本語で行う予定です。)

【申込要領】 ご参加いただける方は、下記URLよりご登録をお願い致します。

https://apply.kellogg.northwestern.edu/register/TokyoAmbassador-201589

席に限りがありますので先着順にて定員になり次第申し込みを締め切らせて頂きます。

なお、本説明会は、日本に活動の拠点をおくKelloggの在校生・卒業生が自主的に企画するものであり、出願審査とは一切関係ございません。インフォーマルな形式の会ですので、カジュアルな服装でお越しください。

Kelloggについてのご理解を深め、エッセイ・インタビューに向けたご準備にお役立ていただける良い機会かと存じますので、多くのみなさまのご参加をお待ちしております。

*詳細は添付フライヤーご参照下さい。

KACJInfoSession2015_EventFlyer_20150809.pdf

 

Class of 2016 のMSです。前回に引き続き、今回は私個人の体験を共有できればと思います。

動機

私の場合、日本でPE業務にそれなりに関わっていたこともあり、周囲からは「なぜわざわざ参加するのか」と聞かれましたが、下記のような動機に基づいてトライしました。

  •  日本でPE投資に関わってきた者として、米国市場がどのような進化を遂げているか、肌で感じたかった。
  • MBAの授業がアカデミックに寄っている部分もあり、実務の勘を忘れないようにする&自分のスキルが通用するか試したかった。
  • サマーインターン前にアメリカ人と仕事をする機会を作っておきたかった

金融バックグランドを持つ学生の割合が比較的低いKellogg生の中では、私のような学生は稀と思いますが、それがSelectionの早い段階でオファーをもらえた要因かと思います。そういった観点で日本人であっても金融バックグラウンドおよび金融キャリア志向であれば、オファーを受けやすいのではと思います。

働き方及び10週間の業務内容

NYのPEファームでのインターンということもあり、すべてのコミュニケーションはメールと電話で行いました。具体的には週のうち火曜と金曜は完全にこのプロジェクトのために空けておき、Kelloggのグループワークの部屋を一日中一人で借り切って業務に当たる、という結構ストイックな働き方をしていました。(シカゴのPEファームにアサインされた学生は一週間に一日はオフィスで働く、という形式が多かったように思います。)

具体的な業務内容は下記の通りです。先方のファームが「こいつ本当に使えるのか」モードから「まあ任せていいか」モードに変わっていったのが分かると思います。

【1-2週目】

  • オークションの案内資料をもらいコメントを求めらる。こちらのコメントをベースに何をどれだけできるかを伺っている様子。

【3-5週目】

  • ポートフォリオ会社を活用した別の投資機会の検討を行う。SPCレベルでのFinancial モデルを作成。
  • この辺りから「こいつは日本人だからアメリカのニッチな業界を調べさせるのは酷だけど、モデルや投資の評価をさせるのはできそうだ」という評価を得始めたように感じる
  • 新規投資家へ説明するための想定している前提とリターンをまとめ、資料作成をサポート

【5-7週目】

  • 筋の良さそうな投資案件のInitial Lookを任される。Exclusiveディールとはいえ、情報が限定されているため、外部情報をできるだけ活用しながらOperating CaseとReturn modelを作成。Key DDポイントとディールストラクチャーを検討

【8-?週目】

  • 投資委員会に上記案件をかけようということになり、プレゼンを任される。パワーポイントで20枚程度のDeckを作成、マネジングディレクターおよびOperating Partnerに対して我々のビューを共有しネクストステップを議論(と言っても私のタームは終わるのでそこには関われないのだが)

Learnings

守秘義務を締結しているため詳細は記述できませんが、限られた時間の中でも、

  • Arbitrageを出す源泉としてのインダストリー及びオペレーションへの知見の高さ(=他人が知らないことを知っている、他人ができないことができる)
  • M&Aプロフェッショナルとしてのディールチームのスキルの高さ。一緒に働いた方はクロージング、DD、ファイナンシング等をマルチタスクで完璧にこなしていました。アメリカでプロフェッショナルと呼ばれる人材は総じて非常に優秀です。
  • ガバナンスを効かせた投資先選定のディスカッション(当たり前ではありますが、シニアメンバーがそれぞれ意味のある議論を凄まじいスピードで展開していきます)
  • 非常にLeanな組織体制

といった点が競争優位性として存在していることが実感できました。

このPEファーム、創業されてからまだ一年しか経過していないのですが、この半年で3件をクローズ、私の案件が無事通れば4件目と投資を活発に行うことができており、そのパフォーマンスの背景にはこういった考えが原理原則として運用されているのだと思います。

個人的にも今後自分がプロフェッショナルとして生き残る為に、どう差別化すべきかを考えるよい機会となりました。

 

最後に

Private Equity LabはPE投資が誕生した国でPE投資の現場を経験できる、非常にチャレンジングかつ(ボラティリティはあれ)大きな学びが得られるプロジェクトです。学生としてリスクがほぼない状況でこのような機会を享受できるというのは、MBAでなければ絶対にないと思いますし、Kelloggの中でもキャリアと強くリンクするユニークなものだと思います。

金融業界、M&A等にバックグラウンドおよび興味のある方々にとっては非常によい機会ではないかと思います。

アイテム

  • One-Year MBA Program Classmates in CIM (Complete Immersion in Management) Week2.jpg
  • One-Year MBA Program Classmates in CIM (Complete Immersion in Management) Week.jpg
  • Legolarge.png
  • Lego.jpg
  • Lego.png
  • TADASHI - WIN_20141020_145259.JPG
  • 04-320.jpg
  • 09-320.jpg
  • IMG_4939.JPG
  • IMG_4882.JPG